同人サークルライフハックログラーズ

生きづらさを抱える人の生活工夫の知恵とツール紹介

診察して、振り返って思う。レミーさん異常説|ω・) カウンセラーさんも同意見。

こんばんわー。アグレッシブにうつっていこ―のレミーさんです。

|ω・) 現在の英語力は、アイメグダイスキ・・・ハイ英会話できない環境ですねorz しゃれにならん・・・。

(;'∀') 就労できたら、そっち方面の勉強もしたい。

さて、日記となりますが。

■振り返り―という名の治療のお話。

タイトルにある通り。「トラウマセッションワーク」を昨年9月に受けて、その当時の観察視点からして、
「本来なら、これくらいで治るのではないか?」という話を聞いてみましたら。

カ:見立てとして、一年はかかると思っていたよ。9月に受けて、3月に終わらせるのは、前例がない。

正直、レポを作って、自分でセッションワークを学習して、セルフケアして。
作品反映させるものをやるというのは・・・うん。

少なくとも、障害者雇用の統計データが下から数えた方が早い県の具合から考えたら。

「前例がない上に、異常だわ(レミーさんとカウンセラーさんの見解一致)」

確かに、異常すぎる。ストレスコーピングを調べたり、呼吸法に着目したり。
(うつ病治す一心で月一万くらい本代を全部こっち方面に、投げ込んだ10年・・・。
気合で治せるという家庭環境(親)という信仰・・・。正直言って、よく持った(;´∀`))

前例がない事とここまでの高機能系の当事者が、当事者研究しつつ。
就労活動や創作活動を平行して行うことが、県内の医療機関にそういった情報がない。
|ω・)貴重なサンプルのレミーさん・・・。

このレベルに、就労支援者に持ってほしいのですが「コーピングや呼吸法」
あと、コーチング。・・・SSTは、履歴書などの作成に転用とか。

(技術理論から考えて、できなくはない。しかし、現段階では、福祉職だけで解決できないと言える。
なぜなら、心理系の分野でそちらに精通している人が現場にいればいいのだが。
そこまでの人員が確保できないのと。下手したら、利用者が面白がって、他の利用者の意識誘導する
ことになる。その危険性を理解できる職員がいることが大前提となるが。費用はどれくらいになるやら?
メリットデメリットもあるが、どちらを取るかは職員次第としかいえない)

■就労関係
就労支援施設の支援体制も、ようやく。「就労希望者に、伝票の作成」を教えるレベルに。
・・・遅すぎる。私が進言したのは、2年前で、情報源をプリントアウトしてやっていましたが。

落ち込んでいるだけでは、どうにもならないので。

政治方面で、精神系の雇用に力を入れるようにとなっているみたいですね。
|ω・)一応、発達関連は精神の分類・・・?
ただ、過渡期だから、まだまだ足りない所は多いけど。少し、前進?

と、まぁ。近況は以上です。

ただ、就労実習は、決まったので。そこで、職業として就いてみないか?と誘われたら
一番良いと思います。(障害者雇用の多くは、就労実習で判断されるみたい?)

風邪みたいなので安静にしてますー_("_´ω`)_ペショ・・・ 皆様も夏風邪にはお気をつけて~
  1. 2017/08/10(木) 20:57:54|
  2. 日記・雑記
  3. | コメント:0

セルフモニタリングを習慣化すると。ヒカルの碁のサイみたいになる

チラ|д゚)・・・。よし、娘どんがいないうちにおいちゃんの通勤中に魔眼でとった。
可愛い子2017版を模写して・・・。 Σ(ー_ー)!!

あ、来客がきていたね。これは、おいちゃんと君の秘密ね。(娘どんには、くれぐれも内密に)

さて、今回はセルフモニタリングを普段から意識するといいことがあることの具体例を示するね。
その前に、ざっくりとセルフモニタリングについて説明する。

知っての通り、セルフモニタリングは、第三者視点・または、神視点ともいう。
マンガやアニメ・ドラマを見るような感じて自分自身を俯瞰してみることのことね。

これを意識して日常生活を送ると。

「面接などの対人関係時に、俯瞰して相手が言ってくるであろう言葉を予測することができる」

例えるなら、ヒカル後のサイみたいな立ち位置からどう攻めるか?守るか?という風にできるようになる。
心理学でいえば、NLPの概念のインサイド・アウトサイドの知識があるとよりわかりやすい。
だから、その知識があると相手の言葉に対して余裕をもって答えられる上に、観察して
「流れ」をこちら側に持ってくることも可能となる。

ただ、これに関しては、常日頃からやっている人であれば、あるほど。
「強みとなる」また、対峙しただけで、「相手が意識誘導」していることにも気づくこともできる。
実際、表面だけを真似ることは誰でもできる。ボンちゃんが利用している施設の子ですら、できた事例から考えると

「メンターがいれば、誰でも意識誘導するところまではいけるのではないか?」となる。
しかし、この技法は一歩間違えれば、悪意を持った方向へと使うこともできる。

例えば、記憶。通説では、記憶の書き換えはできない。と考えられていたが、
最近の研究では「記憶の書き換えは、可能である。それ系統の知識を有しているものが言語で誘導することで」
というのがわかり。トラウマのワークセッションやうつ病などの精神療法にも使われている。

ただ、これに関しては、詳しい技法は伏せるけども。やろうとすれば、子供でもできる内容とだけは確証は得たね。

(繰り返しになりますが。
この技法は、一応介護福祉系にも通じる内容であり、その意味を分からないで使っていたという事例を目の当たりにしたため、
伏せさせていただきます。ご理解のほどをお願いします<(_ _)>)

と、今回は、ここまでね。

まだ暑い日が続くけども、熱中症や夏風邪、パラインフルエンザには気を付けて。





  1. 2017/08/05(土) 23:55:20|
  2. リョウさんの心理面の戦い方
  3. | コメント:0

雑記:雪江ママンのショートボイスが欲しいと思うレミーさん

昨日ツイッターでアンケートをする予定でしたが。

「南川雪江」未亡人お世話妖怪雪女の

「おはよう。よく眠れた?  ご飯もうすぐできるから、待っててね?」
「おかえりなさい。今日も一日お疲れ様。お風呂にする? それとも、ご飯?」
「よく眠れるように、頭ヾ(・ω・*)なでなで、頭ヾ(・ω・*)なでなで、」

という感じのが欲しいと思いました_("_´ω`)_ペショ
沙雪ちゃん版も。。。

(´・ω・`)ただ、ボイス作品にするかどうかは、現時点では、不明です(´・ω・`)
するとしたら、リスナーさんと結婚した風に。

サラリーマンゼロ(ウルトラマンゼロがさリーマンに憑依しました)みたく父性に目覚めるリスナーさんに

雪江ママンお酒の晩酌シーンも…あ、レミーさんはお酒一切飲めないから書けない(;´・ω・) をいいいいいいいいい?!
  1. 2017/07/23(日) 08:44:51|
  2. 日記・雑記
  3. | コメント:0

リリカルなのはREFLECTION 見てきたよー

本日より公開されました。

「魔法少女リリカルなのは REFLECTION」
を見て来ました。

これは、PSPの格闘ゲームが元ネタとなっていますね。
発売されていたとは知らず。そのゲームは既に売っていないのです・・・。武装神姫の存在を知ったときと同じルート。

見終えてからわかったのですが。まだ「前編」です。Σ(゚д゚lll)ガーン 嘘だと言ってよ! バーニぃ―!

■原作と随分異なる?? 
原作ゲームをやったことがないのでわかりませんが、新規キャラのイリスや新しいデバイス。
シュティルやレヴィ、ディアーチェのキャラデザインも少し変わったみたいですね。
アミタとキリエのライダーアクション。そして、例えるなら、仮面ライダー555のような瞬間移動アクション。
かっこよかったよー(*´▽`*)

ただ、見ていて思ったこと。
「バリアジャケットがなかったら、死んでいるのが多い戦闘シーン」

うん。思いっきり加速している相手からの殴りは、下手したら死んでいると思う(◎_◎;)
バリアジャケットって、纏っている部分だけでなく。頭部も守っているということを知りました。
(模擬試合とはいえ、全力全開の白い魔王様(なのは)と黒い迅雷の騎士(フェイト)がやっているのをたーまやーという
同級生のアリサとすずか・・・。大体の事情は、なのはサイドの同級生親子は知っているような描写でした。
なお、レミーさん。地元が過去の映画上映がはぶられていた地区なので観ていないのです(´・ω・`)すまんなんだな・・・)

■映画観ていて、なのはさんの新武器を見て・・・。

これは、ネタになりますが。フィグマのなのはとガンダムAEGのフォートレスの武装かフレームアームズの轟雷ちゃんの武器
を使ってなんちゃって、新フォームになりそう。
問題は、どちらも在庫があるかどうかという・・・。たぶん、フィグマで出そうな気がする?

■前編でフェイトと義理の母になった艦長の物語でもあった。
 フェイトとリンディさんの親子関係。クライマックスでのあのシーンは、長年のファンには来るものがあると思う。
 それから、脱線するけど。フェイトのしおりだけが完売したという恐ろしい事実(・_・;)
 フェイト人気すごい。

■後編はどうなるのか?の前に。
観終わった後に、プチ劇場特典として、週替わりにシュティル達がなのは達を分析するコーナーがあるという。
ああ、だから、「一週目特典」というステッカーが…(それすら知らずにただ、見に入った人(´・ω・`))

個人的に、グッツ販売で設定画像も書いてあるパンフレットを買いましたが。
リンネ&フーカのコスチュームチェンジがとってもよかったです!ヤー(´っ・ω・)っ 特にユーリの衣装姿の。
そして、わかる。フーカの胸が、ちいさ(スターライトブレイカー! 消されるレミーさん)

主題歌と挿入歌もよく。

後編はいつ公開されるのか? 2018らしいのですが。とりあえず。生きる希望はできました。
(個人的に大人のなのはとフェイトもいいのですが。|ω・) レミーさんお姉さんキャラ大好き)

そして、CMでエウレカセブンの映画も告知されました。

「ねだるな。勝ち取れ」というセリフも。

エウレカセブンも放送地域でなかったのでわからないレミーサン・・・( ;∀;) ネット配信のサイトでみるしかないのか。



ネタで。
なのはフォートレスにしよう。…(;'∀') あくまでネタです。見ていた時に思い浮かんだネタです。



  1. 2017/07/22(土) 21:24:54|
  2. 日記・雑記
  3. | コメント:0

力加減ができないとどうなるのかわからない。

これは、実際に起きた問題だが。

 ある利用者は、他の利用者にちょっかいを出す。例えば、お腹をつついたり、抱き着いたりとする。
だが、言語伝達が上手くできないので、ちょっかいされた側が怒っているのか、嫌がっているのかがわからない。

とある日に。今日みたいな猛暑日に、その利用者が他の利用者にちょっかいを出して。

かちんときた、ちょっかいをされた利用者が
「おまえ、これ以上すると投げ技かけるぞ?!(けん制の意味で、言ったのですと注意書き)」とちょっかい出した利用者に対して怒ったのだ。

ちょっかいを出した利用者は「???」とその言葉を理解するのがわからないようだった。



 就労支援施設の多くは、知的障害者やダウン症・場面緘黙症・発達障害(自閉症・高機能系自閉症・ADHD・LD)やうつ病や統合失調症・身体・聴覚障害と全ての障害の程度が重度から軽度含めて、ごった煮状態で通っている為に。

『ほんのちょっかいから、ヒートアップして、相手にけが覆わせていた』

という事故が起きやすい。新聞などでの記事を注意深く読むとそういった事故が小さく書いてある。

それに問題なのが、職員と会話もでき、一般常識がわかる利用者だけが一方的に「ちょっかいした方を甘く見てやってくれ」ということになりやすい。
された本人は、嫌な思いをした上に、我慢をしろというのが非常にまずい。
一部の職員はわかっているが、我慢だけを強いていけば、感情の爆発が起きて、刹那の衝動に身を任せて相手を攻撃してしまう。

これは、自己受容の器ができている健常な人でも難しい問題だ。
健常な人なら、愚痴を友人や家族に言えばいいかもしれない。
だけど、鬱病者や発達障害と診断が下り、就労支援施設に来た利用者の多くは孤絶しているのが多い。
なぜなら、うつ病や発達障害というモノは、わからないから怖い。だから近づかないでおこうという人が多いから
同級生から、離れていくケースが多いんだ。

それに、一昨年の相模原の事件の影響もあって、良くも悪くも。「考えていかないといけない問題」であると私は思っている。
既に、福祉システムの限界がでているから、福祉職員だけで解決できない問題ともいえる。
そのため医療福祉・行政組織とどう連携を図りつつ。当事者が地域内で声をあげていくかがカギとなるのかもしれない。
私個人としては、福祉職員と利用者の両方のメンタルケアができる専門職がいないといけないと思う。

なぜなら、ストレスという共通の課題があり、それに対しての対処方法を知る専門家がいれば、少しは感情のコントロールが
できるのではないかと思う。
だが、口頭での認知行動療法を職員が覚えてやったとしても、利用者がセルフケアできるまで指導できるか?
と言えば、難しいとしか言えない。
 
 個人努力をできる人は、非常に珍しく。(私みたいな好奇心があり、独学で心理士さんの研修の内容を理解できる人は、
いないと思う。(;´・ω・)レミーさん変態説)そこまでの専門的な知見を求めることはないのが一般的だ。

今回の問題は、2つ。

1つは、利用者に自己受容とセルフモニタリングをすることを職員が求めたんだけど。
そこまでの知識を一般の学校や特別支援学校では、教えていない部類だ。
というのも、この二つは臨床心理学系の分野だから、そういったのに関心がある人か研修を受けた職員か看護師系の人でないと
わからない。また、職員によっては、精神系統から就職した人と身体系と介護福祉(老人介護)の系統から就職した人が
いるので、どうしても知識レベルが出てしまう。

例えば、フラッシュバックに関しての知識が、精神系統と身体系統のどちらが、あるのか?といえば、
精神系統の職員がある。直接聞いて、なぜ、わからない職員がいるのかも納得した。

そして、2つめ。
利用者間で相手が大まかにどんな障害を持っているのかが互いにわからないから、
軽い方が我慢してくれとなる。

私みたいに、場面緘黙症~発達・吃音を含むまでの障害福祉関連の病気を調べて知る利用者はいないと思う。
ただ、知っていれば少しは怒りや不快な感情は減るだろうけど。完全に消すのは難しい。
そのため、利用者間の病識の差が大きく。善意の教えが逆に相手の自尊心を傷つけている場合もある。
(そこまで知るのは、難しいのと知ったら知ったで、その特性を悪用する事例が過去の記事にも書いたので、
どこまで教えるのかが難しいともいえる)

解決方法としては、コツコツと教えることかもしれない。それとストレスコーピングを職員が教授させるとかね。
現状でできる解決策はこれが思い浮かぶけども。たぶん、やらないと思うのです(;・∀・)身も蓋もないのですが。

  1. 2017/07/21(金) 23:09:19|
  2. 新潟地方の成人発達障害(軽度)の実情
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

レミー

Author:レミー
同人サークル ライフハックログラーズ
主に「現代社会に生きづらさ」を抱えている人に、生活の質を挙げる為に戦う。

人生という名の荒野に牙を立てろ! メアドkissxkisskid☆yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
るーちゃんのライフハックビルダーズ (5)
白蓮スミレの発達障害って何? (9)
さとみが問題を斬る (6)
アイラの生存戦略戦術 (11)
リョウさんの心理面の戦い方 (4)
あくちゃまの同人音声制作記 (7)
日記・雑記 (45)
キャラ紹介 (2)
新潟地方の成人発達障害(軽度)の実情 (20)
龍戦記ドラグーンソール (3)
図書館司書吸血鬼シアの読んでる本シリーズ (8)
お知らせ (9)
うつ病になると困ること (4)
創作系の本 (5)
小説集 (5)
あくちゃまの福祉社会学 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR