同人サークルライフハックログラーズ

生きづらさを抱える人の生活工夫の知恵とツール紹介

知的障害者などの恐るべき。危機予測のなさ。

今日あった出来事。

さて、みなさん。廊下を走らないようにと義務教育で教わった方が多いと思います。

就労支援施設では、終礼チャイムに間に合うために、「アクセル全開!で全力疾走」する利用者が多いです。

そうですね。利用人数が50人ですので。全利用者のうち45人ですか。

いつもの事ですが、職員ももう注意しても改善することもないのであきらめております。
(開設して8年もずっと。そして同じ問題が8年以上もあるとなると。精魂も尽き果てますね。私も何度肉体言語で会話しようと)

廊下の角で、私が歩いていると全力疾走知的系の利用者が出合い頭にぶつかりそうになりましたが、
「謝らず」

階段降りて、いるときに。1階の入り口から、2人も全力疾走!前方不注意でぶつかりそうになり。
この二人も謝らず。
そのうち一人は自称ボス猿で、注意することも。謝る見本も見せない。

下手したら、私が膝蹴りの感じでぶつかってしまいますが。
(回避するのが大変だった。昨年の8月に制御装置を某職員にぶっ壊されたので、いつでもxる気スイッチ入っている状態です。
懐かしむものではないですが、文字通りの死合いをした経験を小中学校にやったことがあったので。。その時の名残で自動防御システムが発動してしまう)

この問題は、似たようなことが毎回起こり。決まって、「私が超能力を使って、危機回避能力を発動してね♪」
ということで片づけられます。

すみませんが、ここは、超能力開発センターだったんですか?

というのは冗談ですが。

本題の知的系の問題は「もしもーこうなるかもしれない」というモノの予想ができません。
つまり、自分の本能全開で、全力全開が正義という状態です。

具体例をいうと、
「車が激しく行きかう車道の中を両手に水が入ったコップ持って、反対側の歩道まで歩いていきます」

視点が、両手のコップと進行方向だけしか行かず。「周囲の状況を知ることができません」

そしてもう1つ。
「車が激しく行きかう車道の中を、強引に渡ります。(理由は周囲の住民もやっているから、自分たちも大丈夫!)」
というのも何度もあり、彼らはそんなに、さらば、地球よ。としたいのでしょうか?
除雪で雪の壁ができた時も。視界が悪くなる暗い夜道の時も。彼らは注意されてもやります。


そうした光景を日常のように見ていたので、施設に報告するのがもう疲れたので、私は放置しております。
これこれこういった状況と誰がいたかという報告文もまとめて提出したこともありました。
……もう手の施しようもないのでブン投げました。

そして、悲鳴を上げているのは私だけじゃなく。施設側もです。
「施設内以外の問題は自分で解決してください」ということになっております。

ホントウニ、ドウシタライインデショウネ。危機予測デキナイ人達ニタイシテ・・・・。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/01/04(水) 22:02:57|
  2. 新潟地方の成人発達障害(軽度)の実情
  3. | コメント:0
<<読んでいる本シリーズ 睡眠睡眠不足を治そう | ホーム | 笑え。存分に笑うがいい。実験も兼ねて、創ってみた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

レミー

Author:レミー
同人サークル ライフハックログラーズ
主に「現代社会に生きづらさ」を抱えている人に、生活の質を挙げる為に戦う。

人生という名の荒野に牙を立てろ! メアドkissxkisskid☆yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
るーちゃんのライフハックビルダーズ (5)
白蓮スミレの発達障害って何? (9)
さとみが問題を斬る (6)
アイラの生存戦略戦術 (11)
リョウさんの心理面の戦い方 (4)
あくちゃまの同人音声制作記 (7)
日記・雑記 (42)
キャラ紹介 (2)
新潟地方の成人発達障害(軽度)の実情 (19)
龍戦記ドラグーンソール (3)
図書館司書吸血鬼シアの読んでる本シリーズ (8)
お知らせ (9)
うつ病になると困ること (4)
創作系の本 (5)
小説集 (5)
あくちゃまの福祉社会学 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR