同人サークルライフハックログラーズ

生きづらさを抱える人の生活工夫の知恵とツール紹介

施設内の内情

就労支援施設の場合。

過去から重度までの人をごちゃまでに受け入れている為に、
「職員に従うことが正しい事」と学校教育の延長線で、就労さきも「頭を使わない職場と20,30年前の価値観」
地方からどんどんそういった職場が無くなるだろうと思う。アマゾンの倉庫ニュースを見て、だが。

昔の障害者の職業観

特別支援学校は、十数年前ならアイロンなどのクリーニング職人を育成するのがベストだった。按摩師も学校によってはあった。
だが、今現在はそういったのがなく。接客業に対応することのプログラムが組まれている。
ただし、レジ作業は除く。特別支援の人が生きられるかは…難しいとしか言えない。

一社に定着したら、支援は終わり!という流れが多く。転職などの支援は皆無だろう。
失業したとしても、どこを頼ればいいのかというのもない。
知識吸収がある人なら、自分でどうにかするし。そうした方面で貪欲になる。
だが、その貪欲さを職員が反抗と見なす場合がある

「意志ある発達当事者は、悪なのか? 盲目的に従うのが生きる術なのか」

それが、「職員のいうことが絶対」という最初に言ったものだ。
彼らの役割を額面通り受け取るのなら「就労支援」をするのが役割だ。
だが、自発的に意志を持ち。行動する人が来たら、「これまでの秩序であった。職員のいうことを聞く」というモノが破壊される。

発達関連で言えば、まだ新潟県で限定すると就労支援は大幅に遅れている。
鬱病ですら、朝食前後の薬を一緒に飲んでしまえばいいという就労支援職員が指導するほどだから、お察しレベルである。

職員の意識改革及び自助作用はない!

なお、今年執行された障害者差別解消法の相談にも行ったことあるけど。
浄化作用も働かず。改善もできないので、私はお手上げである。…解決案もいくつか出したけど施設側で実行しないので、何度がガチギレ口撃しましたが。

今現在も喘息持ちの私が難治化するかの人体実験も継続中。

「職員の知識レベルは、メンタルケア及び、喘息の危険性も知識さがありすぎる」

タバコの匂いで、喘息誘発されるのがわかっているのに、それを注意しても辞めない職員がいる。もちろん、人員が少なすぎるので「解雇や停職処分もできない」から尚更、性質が悪い。一応、全利用者の命預かっている職だろうににと思うが。

メンタルケアに時間も技術もいる。だが、彼らは、メンタルケアなんで本をパラパラ―と見ればわかるものでしょ?
というモノしかなく。カウンセラーの料金が一万だというと。
就労支援職員「高い!」
と言うが、保険適用になっていないのが多く。技術料も含まれているものも考慮していない。

じゃあ、就労支援施設を一か月利用するだけで20万も請求されるのは「高い?」 それとも「安い?」
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/12/08(木) 11:05:40|
  2. 新潟地方の成人発達障害(軽度)の実情
  3. | コメント:0
<<掘り返すぞ。黒歴史! | ホーム | 1:押しかけられて、もうどうにでもなーれ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

レミー

Author:レミー
同人サークル ライフハックログラーズ
主に「現代社会に生きづらさ」を抱えている人に、生活の質を挙げる為に戦う。

人生という名の荒野に牙を立てろ! メアドkissxkisskid☆yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
るーちゃんのライフハックビルダーズ (5)
白蓮スミレの発達障害って何? (9)
さとみが問題を斬る (6)
アイラの生存戦略戦術 (11)
リョウさんの心理面の戦い方 (4)
あくちゃまの同人音声制作記 (7)
日記・雑記 (42)
キャラ紹介 (2)
新潟地方の成人発達障害(軽度)の実情 (19)
龍戦記ドラグーンソール (3)
図書館司書吸血鬼シアの読んでる本シリーズ (8)
お知らせ (9)
うつ病になると困ること (4)
創作系の本 (5)
小説集 (5)
あくちゃまの福祉社会学 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR