同人サークルライフハックログラーズ

生きづらさを抱える人の生活工夫の知恵とツール紹介

就労支援施設の工賃だけじゃ賄えないので、バイトを―ってバイト禁止!?

実況レポ

バイトもだめなんですかー?!

 さて、就労支援作業所と地方成人発達障害の実情をお送りしています。

これは実情なので、フィクションではなく私の体当たりレポートになります。


「福祉就労は、金銭事情的に赤字になってもバイトができない!」
 結論から言いますが、「就労支援施設」は、働けない人が行く場所と福祉課の職員も言っているので、基本NGなんですよ。

バイトするにしても、就労支援施設に影響が出ない範囲で、「日数と時間」が重要となる。

ざっくりとまとめると。

・週一日でごくごく短期。

・時間が3-4時間くらい。

・1回だけしか、認められない。


まて、最後のマテ。「1回だけって!?」 

思うけど、発達障害者+二次障害を持っている=社会復帰できない!
と市役所職員が暗に認めているのか?

「思考の転換期が市井から市政レベルまで必要」
 はっきり言うと。30数年前からの知的障害者基準の就労支援プログラムが限界になっていると思う。
なぜなら、社会全体が「お金を稼げない。生産性がない人は、社会復帰できない」という先入観がある。

厳しい事を言うと.

「相模原の障害者施設襲撃事件」がきっかけで、
「人間の奥にある封じ込めていた悪意]と今の社会の価値基準判断が

「どれだけお金を稼げるのか」というモノを炙り出された。


福祉関係者は、「どれだけお金を稼げるかで価値基準判断されない」と思う人もいる
だが、お金というツールによって人は判断できない。

学問のすすめの一説に、肩書や名声に惑わされずに、相手の本質を見抜け。
それを取得するのは「学び」だとある。
だから、自助論と学問のすすめが明治時代にブームになったのも。
「時代を生き方を変えるのは、学びしかないんだ」と多くの人が思ったのかもしれない。



これは、今の日本社会の福祉の縮図と言ってもいい。

「発達障害者は働きたくないと思っている」と思い込んでいる人が多い。

発達障害当事者は働きたいと思う人が多い。働きたくないんじゃない。

「今の日本社会は発達障害持ちは、足枷にしかならない」と思い込んでいる。
職員の知識レベルが、発達障害=知的障害と同じというもの。

発達障害は、ざっくり言うと。「IQ100以上(普通の人のIQですね)」で、動作性IQとの落差があることで判定される。

なので、知的レベル・思考レベルは通常の人と同じかそれ以上とあるのです。

新品のパソコンを自分でセットアップしたり、無線LANを接続したりもできるんですよ。
趣味でHPの作成もできる人もいる。要は、やり方さえ知っていればできる人はできる。

じゃあ、どうするか? 簡単に言えば、発達当事者が働きやすい労働環境を構築する。

つまり、労働環境に置ける。ユニバーサルデザインを作り上げることが必要になる。

実際、労働基準法の多くは、『工場』勤めを基準にしているから、今現在の働き方に合わないのが多い。

さらに言えば、発達当事者の働き方を作るというのは、

言い換えれば、「定型者も働きやすい労働形態を作り出すことができる」というメリットがある。

子持ちの世帯が、子供や奥さんが病気やケガで、SOSを発信したときに。
「すみません! xxが熱でたみたいで!」
「わかった。こちらの方で、分担してあるから、君ができる範囲での作業調整をこちらでしておく」
「@@さんの今日の仕事は、私の方でもカバーできるから。それから、日程の方の連絡も先方に伝えておくわ」

といったモノも可能になる。ざっくり言えば、残業をしない働き方を構築していくことと、
短期決戦かつ指揮系統の伝達ロスを少なくすることができるんじゃないか?と私は思っている。

 こうしたことの課題は個人。市民が考えて自分でやってくださいねと言うのが多く。
市政レベルまでいかないと改善できない。何故なら、日本は「みんな」という概念が強く。
「みんながやっている」と言えば、それが免罪符となる。




ここからは、私が考えていることで、賛同する人がいるかはわからない。


変えるために、フリーランススタイルで国内・海外に売り出す。

内容としては、「セルフコンテンツを配信する必要があるんじゃないか」
と思う。

実際同じい地域。同じ学校と言っても、生き方も考え方も違う。

例えば、バラを見て綺麗という人もいれば。武器にもなりそうという人もいる。

だから、違うことで成形し。

最終的には国に依存しないお仕事を自分で仕入れて、販売する。

以上で、突撃レポートと私の考えでした!

拝読ありがとうございます!
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/12/01(木) 10:05:18|
  2. 新潟地方の成人発達障害(軽度)の実情
  3. | コメント:0
<<読んでる本シリーズ3 弱者の戦略を知ろう! | ホーム | 今、冒険が進化する! Wi-Fiキーボーの紹介です>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

レミー

Author:レミー
同人サークル ライフハックログラーズ
主に「現代社会に生きづらさ」を抱えている人に、生活の質を挙げる為に戦う。

人生という名の荒野に牙を立てろ! メアドkissxkisskid☆yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
るーちゃんのライフハックビルダーズ (5)
白蓮スミレの発達障害って何? (9)
さとみが問題を斬る (6)
アイラの生存戦略戦術 (11)
リョウさんの心理面の戦い方 (4)
あくちゃまの同人音声制作記 (7)
日記・雑記 (46)
キャラ紹介 (2)
新潟地方の成人発達障害(軽度)の実情 (20)
龍戦記ドラグーンソール (3)
図書館司書吸血鬼シアの読んでる本シリーズ (8)
お知らせ (9)
うつ病になると困ること (4)
創作系の本 (5)
小説集 (5)
あくちゃまの福祉社会学 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR