同人サークルライフハックログラーズ

生きづらさを抱える人の生活工夫の知恵とツール紹介

リョウサンの尿経路感染症の治療法

あい。バトン交代したね。

尿経路感染症の症状はこれね。
http://www.minamitohoku.or.jp/up/news/konnichiwa/200602/nyouro.htm

わかりやすいのはこちらかな?

http://allabout.co.jp/gm/gc/387402/

軽度、重度とあるけども。子供やお年寄り。女性の方がなりやすいと一般的に言われているね。
基本的な治療法は、「水分を取って、菌を外に出す」というものね。

知っている人は知っているかもしれないけども、おしっこが出ない場合は強引に陰部にカテーテルを突っ込んで
外に出すという最後の手段があるね。
ちなみに、アルコール中毒の男性のちんxに、カテーテルを突っ込んで体外にアルコールを抜くという医療漫画もあるから、
それがどれだけ生々しいか。というよりも男のあそこにカテーテルを突っ込むのはドM以外の人にとっては金玉が冷えるね。
おいちゃんも話していて、ひゅん。としたね。

実際、この病気を何回もかかると腎臓に負荷がかかって大変なことになるのは目に見えているね。
しかし、医療知識は少し齧っている職員(介護福祉系な為)が気にしすぎというのは、どうかと思うね。

ちなみに、施設内で感染者が出た場合は、インフルでは報告の義務があるらしいけども。
尿経路感染症となると衛生法に関して引っかかるかどうかがわからんね。

実際、筆者は37℃台の微熱を三週間も繰り返した上に、背中の痛み。首と胴体以外の両手足にしびれに近い痛みが三週間も続いたね。風邪なのか、熱中症なのかの判断が付かないくらい。すんごくギリギリな所だったね。

なお、経口飲料水及び医療費などは自腹で、診断書も持って提出して。
筆者と保護者を交えた面談時に、筆者の保護者に、感染症の事を話すように促しても
「診断書も見せない上に説明もしない」というおまぬけな事態になっている。

この状態を鑑みて、「どう信用しろと?」そして、怒りに燃えない筆者ではないね。

こうした事態をやって、こっそりと監査が入るレベルかもと下の職員に耳打ちして、猶予時間として七日間様子見たけども。
「改善定着は無理だったね」なら、福祉課に直訴するしかないね。
幸い、顔だけは互いに面通しだけはしておいてあるから、もう、実習が云々。就労復帰の問題レベルじゃないね。

一応、健康診断をした病院の心理士には、尿経路の診断も知っているから話を通しておくね。

さて、ドウスルカネー・…。これほど怒りに燃えてきたのは久しぶりね。
死が誉れの世界観をどうぶち壊すか。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/07/08(金) 22:04:36|
  2. 日記・雑記
  3. | コメント:0
<<レミーさん 逃げる決意。。主に男の後ろの貞操の危機で | ホーム | 尿経路感染症 啓発をどうするか?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

レミー

Author:レミー
同人サークル ライフハックログラーズ
主に「現代社会に生きづらさ」を抱えている人に、生活の質を挙げる為に戦う。

人生という名の荒野に牙を立てろ! メアドkissxkisskid☆yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
るーちゃんのライフハックビルダーズ (5)
白蓮スミレの発達障害って何? (9)
さとみが問題を斬る (6)
アイラの生存戦略戦術 (11)
リョウさんの心理面の戦い方 (4)
あくちゃまの同人音声制作記 (7)
日記・雑記 (42)
キャラ紹介 (2)
新潟地方の成人発達障害(軽度)の実情 (19)
龍戦記ドラグーンソール (3)
図書館司書吸血鬼シアの読んでる本シリーズ (8)
お知らせ (9)
うつ病になると困ること (4)
創作系の本 (5)
小説集 (5)
あくちゃまの福祉社会学 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR