同人サークルライフハックログラーズ

生きづらさを抱える人の生活工夫の知恵とツール紹介

就労支援の役割は、就労だけ? いえ、教育の側面もある。

女剣士、さとみが斬る!

今回は、就労支援事業所で実際にあった。利用者を取り押さえるお話です。

本題ですが、皆さんは「怒ったとき、周りに八つ当たりして暴力行為にいきますか?」と聞かれたら。
いいえと答えるでしょう。
では、「暴れている人を取り押さえるのにどれくらい人員がいるか?」

警官が暴れている人を取り押さえるのに7人がかりで抑えているシーンがありますが。
そのシーンのように、利用者の両手。胴体。背中。を掴んで、職員7人がかりで抑え込んでいます。
さらに言えば、椅子に座らせて、抑えつけるというのもあります。

なお、こうした出来事は月に数回怒るかどうかで、自閉症のカナー型(重度)ですと。怒りの持続時間が3時間以上興奮
し続けているので、暴れん坊ゴジラのように暴れまわる。破壊、他害、物損は当たり前。

さらに言えば、取り押さえて鎮静化させるために、その利用者を寝かせたことも。(30分で眠らせるって・・・あ(察し))

■問われるのは利用者の人権? それとも職員の安全?

ここまで語ると、焦点になるのは「利用者の人権」か「職員の安全」の二つです。
ですが、暴れている人を取り押さえないと被害が拡大して、その他の利用者にも伝染してパニックが起こる。
実際、何回かパニックを起こしている人もいますし。脱走した人もいます。

正直言って、施設側が、発達系の高機能と重度をごちゃまぜにしていますから、感情制御の方法は不可欠です。
そうした感情制御の方法は、就労支援施設側のプログラムには入っていません。そうした書籍研修はありますが、
「そうした技術は、いらない」ということですね。

車に例えますと、就労支援施設は「ブレーキのない車を運転する技能が自分たちにはあるから大丈夫」と言っているんです。

ですが、そこの職員も家族がいますし。その家族を守るためにお金を得ています。その安全を守るために、
抑えつけないとならない。

ジレンマがありますね。


■感情制御の方法は、健常者やお子さんにも使えると説明してもいらない。

感情制御の方法は、小中学校の場所にも使えます。
ですが、そうしたメリットを説明しても必要ないというのが就労支援施設の現状です。
もちろん、そうしたことをやっていても「深呼吸はするな」「丹田呼吸するな」
と道具が要らず。ほんの一分で精神を落ち着けさせるという方法をしていても。

その価値すらわからない。彼らがわかるのは「自分の肉体が傷ついて血が出て、痛い」と感じた時だけ。
職員たちの価値観は「当事者には、観察・思考・行動はいらない。職員の命令に従っていればいい」
というもので、世間が求めている。「芯のある人間」をつくることができない。


■就労支援施設は、教育機関の一部。だが、その自覚はない。

上司の命令を聞く。だけど、芯のある人間が欲しい。それが求められている。
ですが、そこまでのヒーローを求めるのはわかる。では、それをどう備えさせるか?
という処まで、職員は8年近くやっていても気づかないのです。

なぜなら、教科書通りにやればミスはしない。怒られはしない。面倒なことが起きない。
といった思考が透けて見えています。

では、教育者は学校の先生だけなのでしょうか?
しかし、教育は「教え育む」とあり、思いやりややさしさは個人だけで持ち得ることができないものです。

そこまでやらないとならない? そうです。
発達は発達する。本人が変わりたいと思い、努力を続ける。

自助論の一説に、知的障害者向けの教師をしていた人の話があります。
「先生。もっと頑張れば、たくさん勉強できるかな?」
と言った生徒の言葉を耳にした時。

「知的障害だからといって、「努力していないんじゃない」私は自分の勝手な判断で
そこまでしかできないと思い込んでいた」

その先生は、そのことを後悔し。「アルジャーノンに花束を」を綴ったそうです。

■限界を決めて、あきらめなさい。それが支援か?

では、利用者からお金を貰ったり。税金からお金を得ているのに、利用者の意思尊重ができ。
可能性を伸ばせる場になるか?と言えば、運ですね。

職員が努力はしているのは、わかります。ですが、その人の限界を決めて、現実を見て諦めなさい。
というのは、「理不尽というモノに、戦わず。無条件降伏して生きることが正しい在り方」と
言っているようなものです。
ある意味では、無意識レベルですが相模原の事件を自分たちで肯定しているのと同じですね。

発達系の人は頭が良い人が多い。でも、それを使う為の場所がない。
だから、荒野に生きていくためにビジネス寄りのスキルが必要と再三言っても、彼らはわからない。
そればかりか、レミーの本を借りパクするほどの図太さもあるわね。

「レミーさんの本。欲しい、ほしい」
とね。

長くなったので、失礼します。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/11/05(土) 12:31:21|
  2. さとみが問題を斬る
  3. | コメント:0
<<公開予定の小説  | ホーム | 怒りの癖を知ろう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

レミー

Author:レミー
同人サークル ライフハックログラーズ
主に「現代社会に生きづらさ」を抱えている人に、生活の質を挙げる為に戦う。

人生という名の荒野に牙を立てろ! メアドkissxkisskid☆yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
るーちゃんのライフハックビルダーズ (5)
白蓮スミレの発達障害って何? (9)
さとみが問題を斬る (6)
アイラの生存戦略戦術 (11)
リョウさんの心理面の戦い方 (4)
あくちゃまの同人音声制作記 (7)
日記・雑記 (42)
キャラ紹介 (2)
新潟地方の成人発達障害(軽度)の実情 (19)
龍戦記ドラグーンソール (3)
図書館司書吸血鬼シアの読んでる本シリーズ (8)
お知らせ (9)
うつ病になると困ること (4)
創作系の本 (5)
小説集 (5)
あくちゃまの福祉社会学 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR