同人サークルライフハックログラーズ

生きづらさを抱える人の生活工夫の知恵とツール紹介

心理的に動けない状態 吹雪の山の中で遭難。

いつも、拝読ありがとうございます。

近況ですが、心理的に動けない状態にあります。
というのも、落ち着けるはずの家でさえも「敵地の中」という状況にあります。

そして、動かないと死ぬのはわかる。が、心が寒すぎてどう動いたらいいかが
思考と心の反応に大きなずれが生じております。

何故そうなのかと言えば。心の制御装置を破壊された就労支援施設の前を通過した時に
筋肉のこわばり(固くなる)という身体反応もあり。
今現在その場所。職員と電話した後に咳き込むか体から力が抜けるかの二つの反応が急激に出ております。

両親にトラウマワークの話をしても、「気のせい」「心が弱いからそうなる!」と言うので一蹴。
そして、残りの人生をそこで過ごすのが正しいというモノ。

今現在は、臨床心理士さんの助言で簿記3級に専念するのと趣味と自分が動ける範囲で少し何かするのがいい。
という状態です。
ただし、自分に過剰な精神負担をかけるとトラウマワークの治療効果が得られない。
例え、自分の好きなことであったとしても、逆にそれが精神負担となり自傷する可能性がある。


と今の私でもそのさじ加減が難しく。
やらなきゃいけないことがある。
だが、精神的負荷をかけ過ぎず。心理ケアをしつつその時間を作るのか?


というのがわからない。やる課題はわかっている。だが、心と体のバランスが大きく崩れて、持ちなおそうと
積み木をつみ直している最中だが、ほんの少しの刺激で崩れてしまう。とても危うい状態。


こればかりは、時間と心理ケアの知識がある人と周囲の理解が必要になる。
だが、わかったことはある。

「小さいトラウマー心の傷ー」であろうと、心身が寒くなり、体が物理的に寒くなくても震えてしまうのだ。
作品を応援してくれている人たちがいます。応えたい。早く出したいという気持ちがあります。

今の私は、例えるなら。

「吹雪が吹き荒れる。真冬の雪山に遭難しているような状態。心と体の熱さえも奪われている

制作時間さえも制限されている。だけど、結果を出さないとならない。

焦る。そして鬱病の一つである焦燥感。
何より、自身の体力と財と治療費のバランス。

喘息・鬱病・トラウマ治療という難題。

わかっていることは、今進まないと未来が閉ざされるということ。

どう、進めばいい。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/10/28(金) 09:52:56|
  2. 日記・雑記
  3. | コメント:0
<<ステラのまほう いい作品。 | ホーム | 発達障害って何?シリーズ FILE04 大人編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

レミー

Author:レミー
同人サークル ライフハックログラーズ
主に「現代社会に生きづらさ」を抱えている人に、生活の質を挙げる為に戦う。

人生という名の荒野に牙を立てろ! メアドkissxkisskid☆yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
るーちゃんのライフハックビルダーズ (5)
白蓮スミレの発達障害って何? (9)
さとみが問題を斬る (6)
アイラの生存戦略戦術 (11)
リョウさんの心理面の戦い方 (4)
あくちゃまの同人音声制作記 (7)
日記・雑記 (42)
キャラ紹介 (2)
新潟地方の成人発達障害(軽度)の実情 (19)
龍戦記ドラグーンソール (3)
図書館司書吸血鬼シアの読んでる本シリーズ (8)
お知らせ (9)
うつ病になると困ること (4)
創作系の本 (5)
小説集 (5)
あくちゃまの福祉社会学 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR