同人サークルライフハックログラーズ

生きづらさを抱える人の生活工夫の知恵とツール紹介

新潟地方の成人発達の実情

このシリーズは、偽りなく。赤裸々に綴る。

「成人発達の実情」

発達障害には、学習障害。ADHD 自閉症(今現在はアスペルガーは自閉症に含まれているので項目なし)とあり。
1つ。または2つと診断される場合もある。診断方法が西洋基準のモノだから、日本独自のモノはない。

成人発達障害者は、一言でいえば。江戸時代の「隠れキリシタン」のように、隠れて生きていかないとならないという現実がある。
それはなぜか? 
地方に行けば行くほど「優生学思想」がまだ生きているからとしか言えない。

そして、支援者・就労支援(作業所)に関していえば、思考が正常であっても「知的障害者と同じ共通点があるから
その方法で指導すれば社会に出られる」と妄信しているのが多い。
念のため、支援者・就労支援の中にも、なんとかしようとしている人もいる。
だが、「需要よりも制度上の法律が執行されていなかったり、100、いや。100年はまだ生易しいか。300年は遅れていると私は思っている」

 施設の衛生環境が悪いと。今現在の私のように、うつ病でトラウマセッションの回復過程にあったのに、そのセッションをやり直さないとならない。

今現在は中越地震が起きた当日と同じ心理状態になっている。
ざっくりいうと、「個室に閉じ込められ、ドア、窓も歪んで開かなくなり。小さい子供が通れる隙間から、自力で脱出した」
という生死を体験した。つまり、トラウマ体験を想起して、中越地震クラスの警戒心を常に張っている状況だ。

そうだな。わかりやすく言えば、常に自分の命の危険を晒されている状況が日常化でもあるといえる。
これは、明らかに異常だ。辛うじて、なんとか「自覚しているが、就労支援施設に行けば確実に悪化する」
何せ、6月に軽度の尿経路。7月には脱水症状のなりかけ。8月には脱水と熱中症 9月には夏風邪だ。
6-8月はガチで命の危機を感じて、そうした衛生環境面の不備を常態化した施設は「何もしない」
そう。文字通り何もしないのだ。


そうした原因ー心理的な恐怖心を作った施設は、何の補償しない。

例えば、「治療にかかる費用を代わりに払おうか?」や「こちらから、医療機関に連絡します」
という素振りすら、ない。すべて私が自分で手配し。状況の報告はした。
軽く話はしたとしても、そこまでひどい内情と見抜けなかった私もまだ若すぎたか。
一応、社会福祉関連の法律では、経営者がそうした配慮と連絡をするのが常だが、
その組織を信じている我が親もどうかと思う

「発達障害者は、自分の意思でなったんでしょ? だから気合と努力でどうにかなる」
 さて、現50代以上の親は「発達障害やうつ病は、自分の意思でなったんでしょ? だから気合と努力でどうにかなる」
と思っているのが多い。

当事者の兄弟もそう思っているのが多いゾ。しかも、だ。当事者の多くは孤独で孤立している。
何故ならば、外の人間の多くは、相模原の一件で「障害持ちは危険な存在!」と間違った認識を持ってしまった可能性が高い。
これに関しては、情報の入手先がマスコミしかなく。また、分別が大好きすぎる国民性も関連しているのかもしれない。
その辺の活動をしている人はいるか?といえば、「テレビが正しい! 本が正しい!」とあり。

プリントアウトした―医学的根拠のある論文も無視。それは都合のいい編集をした文章にしか過ぎない―

そこまで言うのなら、否定した親含めて、4名。是非とも論文を発表してほしいと思います。
彼らは心理療法は自分でもできると豪語しておりますので、先人たちの偉業を冒涜している。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/09/23(金) 08:45:45|
  2. 新潟地方の成人発達障害(軽度)の実情
  3. | コメント:0
<<用語集 | ホーム | 発達の検査費用と掛かる時間(レミーさんが受けた時のもの)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

レミー

Author:レミー
同人サークル ライフハックログラーズ
主に「現代社会に生きづらさ」を抱えている人に、生活の質を挙げる為に戦う。

人生という名の荒野に牙を立てろ! メアドkissxkisskid☆yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
るーちゃんのライフハックビルダーズ (5)
白蓮スミレの発達障害って何? (9)
さとみが問題を斬る (6)
アイラの生存戦略戦術 (11)
リョウさんの心理面の戦い方 (4)
あくちゃまの同人音声制作記 (7)
日記・雑記 (42)
キャラ紹介 (2)
新潟地方の成人発達障害(軽度)の実情 (19)
龍戦記ドラグーンソール (3)
図書館司書吸血鬼シアの読んでる本シリーズ (8)
お知らせ (9)
うつ病になると困ること (4)
創作系の本 (5)
小説集 (5)
あくちゃまの福祉社会学 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR