同人サークルライフハックログラーズ

生きづらさを抱える人の生活工夫の知恵とツール紹介

仮に時給700円で、10万円を得るとしたら、どれくらいの時間がいるのか?

さて、どれだけ。生きていく上で、収入を得る為に時間が必要なのかを計算してみました。

得る収入を「10万円」と仮定します。次に「時給700円」
1か月の労働時間がどれくらいかというと。

100000÷700=142.8571429

乱暴に計算すると月「143時間」の時間が必要になります。

そして、「20日」換算でやるので、

142.8571429÷20=7.142857145

だいたい、8時間労働で得られるということになります。
が…これは、地方で生きるとしたら、難しいと思います。

というのも。医療保険・生命保険・自賠責・共済・年金・家賃・光熱費・通信費・食費を考慮しますと。
税金関係を踏まえると…。

「15万~19万」は最低いるという計算になります。

上記の計算方法は、利用者には一切教えていないので、私が自分で調べて、やっております(;´・ω・)


さらにいえば、8時間労働の概念でやればいいというのが就労支援施設の考え方ですが。
その労働時間に耐えられる工夫と体作りを、指導できるのでしょうか?
残念ながら、一切指導していません。したとしても。

『自分で調べてください。ここはそういった訓練施設ではありません』

それで、いいのでしょうか? 

社会復帰を目指す人を支援する。『福祉の役割』は、それでいいのでしょうか?

地元の話になりますが。

既に、医療機関で自動精算が始まっています。
今は、まだ。すべての精算に対応していませんが。時間の問題だと思います。

個人的に、早く見積もると。「5年くらいに、一般事務系や単純作業」と言った障害者雇用の要となったものが
なくなるんじゃないか?と思っています。

では、どうやって、路を示せばいいのか? 私が展望を示して、彼らの知識経験を引っ張るということに行き着きます。


全開の記事にも書きましたが、

再度。就労支援施設の工賃「300円」で上記の計算式に当てはめて考えてみましょう。

100000÷300=3333.333333

3333.333333÷20=166.6666666


うん、ブラック企業も真っ青になる労働時間ですね。というよりも。

「10万円を得る為に、1日に必要な労働時間が167時間はおかしいよ!」

ここまで、おかしいのは、計算して、ゾッとする。

この計算方法は、意欲ある発達当事者や精神病の人は自分で調べて。

「おい、これ、おかしいぞ?」

となる。しかし、ここまでの事を利用者が調べないとわからないというのは、おかしい。

ですが、こういった計算方法は生きる為に必要な手段です。

例えば、計算することで、働き方の方法を変えることもできます。

目的と目標を修正することもできるので、必要な知識です。


電卓機能があるものを使うとわかるので、これは覚えておいてくださいねー(*´▽`*)


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/06/05(月) 21:26:46|
  2. 日記・雑記
  3. | コメント:0
<<私がばらしたら、他の利用者にマーキングして、再支配? | ホーム | 生活指導の一例。すみません、あなた達は、風邪薬を酒で飲むのですか?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

レミー

Author:レミー
同人サークル ライフハックログラーズ
主に「現代社会に生きづらさ」を抱えている人に、生活の質を挙げる為に戦う。

人生という名の荒野に牙を立てろ! メアドkissxkisskid☆yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
るーちゃんのライフハックビルダーズ (5)
白蓮スミレの発達障害って何? (9)
さとみが問題を斬る (6)
アイラの生存戦略戦術 (11)
リョウさんの心理面の戦い方 (4)
あくちゃまの同人音声制作記 (7)
日記・雑記 (42)
キャラ紹介 (2)
新潟地方の成人発達障害(軽度)の実情 (19)
龍戦記ドラグーンソール (3)
図書館司書吸血鬼シアの読んでる本シリーズ (8)
お知らせ (9)
うつ病になると困ること (4)
創作系の本 (5)
小説集 (5)
あくちゃまの福祉社会学 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR