同人サークルライフハックログラーズ

生きづらさを抱える人の生活工夫の知恵とツール紹介

朝になると右腕が痛くて、動かん。腱鞘炎

ツイッター浮上の回数が減っているレミーです。

その理由は、

「一か月経っても、右腕が軽くしびれるくらいの痛みに襲われています!」

一か月だぞ。一か月!

左手もなっていたけど。そっちは大丈夫という(あれー?)

私なりに考えてみた。
私は、医療系の学校出身じゃないが。色々と調べて、仮説を立ててみると。

「精神的な緊張を強いられているから、無意識に「力を入れて筋肉をこわばらせてしまったのではないか?」だから、根本的な原因を取り除くことができれば、治るのでは?」

というのも。
早朝からの作業に痛みを我慢しながらやるという状況です(今もですが)

観察して、得られたことは

・痛くない時間帯は昼間。
・右手の小指から、右前腕部が痛む
・痛む時間帯は、早朝・夕方から夜。
・条件としては、冷え。そして、過剰な精神負荷(俺がなんとかしないとー!という責任感のバランスが崩れている)
・風呂場で温まると痛みが軽減する。
・怒りや愚痴。不安を吐きだすと連動して、風呂に入っていても痛む。
・反対に、自信を褒める。認める。肯定するをすると痛みが減る。
(昨日思い切ってやってみたら、そのことがわかる)
・マッサージよりも温かいお湯につかって、温めた方がいい。
・ケアするとなると、肩から連動してやるのがよさそう?
・サポーターなどの圧迫感も減らした方が良いのか?
右腕の痛みのある部分を見ると、インナーで手首を圧迫されている感じがある。
だが、左腕も同じ条件なのに、なぜかない。

となると。手、腕。だけで、固定して動かす習慣から、体ー全体。
そして、柔軟さと血流と精神面の安定が、「治ることの速さにつながるのではないか?」

また、腱鞘なので、筋膜リリースの概念も使えるのではないだろうか?と個人的に思う。

*ここまで、やる発達当事者及び。施設利用者はいません。
本来なら、施設職員がやる問題ですが、無資格で、申請もしない心理実験はするのに。しないのです。

◆将来の不安と焦りを解消には、自分しかいない

 今現在は、薬の減薬も兼ねて、実験中です(医師との話で、昨日からスタート)

というよりも。ホントウニ、体当たりの記事です。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/02/16(木) 09:10:37|
  2. 日記・雑記
  3. | コメント:0
<<未だに長引く手首と指先の痛み。検査結果待ち | ホーム | リサイズで、悪戦苦闘の4時間バトル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

レミー

Author:レミー
同人サークル ライフハックログラーズ
主に「現代社会に生きづらさ」を抱えている人に、生活の質を挙げる為に戦う。

人生という名の荒野に牙を立てろ! メアドkissxkisskid☆yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
るーちゃんのライフハックビルダーズ (5)
白蓮スミレの発達障害って何? (9)
さとみが問題を斬る (6)
アイラの生存戦略戦術 (11)
リョウさんの心理面の戦い方 (4)
あくちゃまの同人音声制作記 (7)
日記・雑記 (42)
キャラ紹介 (2)
新潟地方の成人発達障害(軽度)の実情 (19)
龍戦記ドラグーンソール (3)
図書館司書吸血鬼シアの読んでる本シリーズ (8)
お知らせ (9)
うつ病になると困ること (4)
創作系の本 (5)
小説集 (5)
あくちゃまの福祉社会学 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR