同人サークルライフハックログラーズ

生きづらさを抱える人の生活工夫の知恵とツール紹介

実験創作。アイコン入りの会話

今回のは、今できる範囲での実験を兼ねた創作です。

使ったソフトは、Word2016です。

誰でも閲覧可能ですよー。

 実験創作PDF

他にいい方法があったら、コメントでも。Twitterでも。おまちしております。<(_ _)>
スポンサーサイト
  1. 2017/05/28(日) 19:52:04|
  2. 小説集
  3. | コメント:0

やってみたいと思う。会話文の例。

同人作品の音声作品だけだと、手薄になってしまう。

なので、

アイラ:沙雪ちゃんあそぼー

沙雪:あいらちゃん、顔にごはんついてるよ?

という感じなのをアイコン付きでできないか?と思う。
イメージとしては、こんな感じ?

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/982836

ただ、どうやっていいのかがわからないという難点(´っ・ω・)っ「誰か助けてー」
  1. 2017/05/28(日) 18:01:20|
  2. 日記・雑記
  3. | コメント:0

体当たりレビュー プロフィッツ 資料を入れるにも最適。

私の部屋の環境で、資料が増えていく。・・・。

そう、一つ見つけたら。資料がもう1つ連れてくる。
それは沼の・…(´・ω・`) (黒光りするアイツじゃないよ?)

使っているのはこれ。



サイズが一番大きいものを使っている。
主に、マイク本体やバスタオル(素巻)にすれば、8個は入るよ

二個買って、使っているから、必要に応じて、増設してもOK.
あとなんで、透明なのを使っているのかというと。

「中身がわかるから」
収納家具なんかだと、どこに何が入っているのかかがわからないのが多くて。
行き着いたのが、これということになる。

机下の足置き場代わりにもなるかも。(サイズをチェックしよう)
ただ、本の横置きでいくつ入るのか? 耐えられる重さも考えよう。
(´っ・ω・)っ ニトリにもあるらしいので、車で行ける方はそちらでもOK。

(´っ・ω・)っだけど、移動手段が原付とチャリしかないレミーサンはAmazonライダー頼み。
(´っ・ω・;)っ椅子の種類もネットだより・…(´・ω・`)

以上、体当たりレビューでした。
  1. 2017/05/28(日) 13:33:13|
  2. 創作系の本
  3. | コメント:0

恥の文化は・・・ない?(え? 嘘だよね? 実話です)

就労支援施設あるあるですが。

汗かいて、着替え中に。

他の利用者が更衣室のドア全開にして、出ていくので。
女性利用者に、下着を見せることが日常となっています。 orz

衣服だけなら、「まだ」いいほうですが。

トイレの排泄時もドア全開にして、出入りするため。

・・・強制露出プレイ巻き込みをされるという日常です。
 (1日に4回はありますね。それが週の半分もあるとなると…(´・ω・`))

他の利用者は、自分がそうされても「恥ずかしくない」みたいそうです。


なぜ、こういうのが日常的になるのか?を考えてみました。

■彼らには、それが恥ずかしい。という概念がない。

 観察して、わかったのですが。そもそも、「それが恥ずかしいという概念」と文化がないのではないか?
と思います。
 
 施設利用の多くは知的障害者が多く。軽度~重度とごちゃまぜ状態です。
 今現在の判断基準で、彼らの精神年齢はどれくらいなのか?と大ざっぱに説明しますと。

 知的障害者の精神年齢は、

 軽度ですと。小学生5-6年生くらい。
 中度ですと4-3年生くらい。
 重度ですと小学生2年ー幼稚園児くらいと推定されています。

 そのため、施設内の作業内容も知的障害者の文化背景に合わせる。

 つまり、「重度―小学2年生でもわかる説明と教え方をしないとけない」
 ということになります。

 たとえば、出だしで言った。

 「他の利用者が着替えている時に、更衣室のドアを全開にしたままでていくことで、
 他の利用者が恥ずかしいということが想像できない」

 というのは、知的障害者の利用者は自分と他人の意識の境界線がわからない人が多い。

 施設あるあるですが、女性利用者が清掃作業する機会があります。
 
 男性トイレの清掃に入る時に、ノックすることもなく。清掃に入ることも多く。
 女性利用者と男性利用者が鉢合わせたら・・・うん、その先はどういうことになるかも察しが付くと思う(・・;) 
(そういったトラブルは、今のところないが。起きたらどうなるのかは、知らん(;´・ω・))
 そうなった場合のトラブル対処は職員は一切教えていないので、利用者本人の自己努力になります。

 たぶん、職員が教えることは無理でしょう。
 なぜなら、私に対して、生き死にをかけた戦いを想起した出来事でこうすれば治ります!と言った名言があります。
 
「(私達のいうことを聞いて、医療機関利用しないで)トラウマを再体験すれば、トラウマに強くなれる。そうすれば、心が強くなります!」

 住んでいる場所の障害者福祉現場の最前線。
 これは、精神医療の主治医やカウンセリング先にも報告済みですが。

 「もう、この施設にこちらから、そちらの施設でもできる精神ケアの方法を私を通して教えたくない」

 と言っております。正直、私自身書籍などを通じ、自己観察と考察から得たセルフケアは一切教えていません。

 脱線したので、話を戻しましょう。「境界線」が、ないのかでしたね。
  
 ■who are you? あなたは、だれ?

 たとえば、私のHNは「レミー」です。それは、「私」という名前であるということと独立した人格を持った人である。
 ということは、わかりますよね? 自分の名前が呼ばれたら、返事をする。それが、自分であるということ自覚している。
 
 ですが、彼らは、自分の名前だけでなく。他の利用者の名前が呼ばれた時でも「はい」と返事をしてしまう。
 彼らは、自分の名前でなくても。他の人の名前でも返事をしてしまう。それはなぜか?

 「自分自身であることを自覚することが、できない」 

 極端な話になりますが、彼らは自分の名前なんて、なくてもいい。と思っているのか?

 自分自身が、自分の人生の主であることさえも、彼らは捨てている。
 それを捨てるな。と教える人はいない。最初に授かった宝物がなんなのかも、彼らは自分の頭で考える方法を
 職員は、一切教えない。

なぜなら―それは、施設には不必要なものだから。

 
 自分と他人の育った環境が違うことも、生活課題が何か?ということも彼らはわからない。
 例えば、就労する金を稼ぐ方法を相談したとしても、彼らは応えることができない。
 なぜなら、どうやって、施設以外で働き口を得る方法を知らないから。
  
 ■自他を区別できないのは、相手の力量を見誤る。 

 施設の知的障害者の彼らは、「レミー」=自分たちと同じ障害を持った人間。
 同じ考え方と接し方(知的障害者の文化)でやればいい。

 といった物差しで考えてしまうので、自分と相手の文化背景が違うこともわからないのです。
 
 例えば、英語圏の車の交通方法が、日本とは正反対である。ことは、皆さんは知っていると思います。
 ですが、彼らは、日本の車が走る方法で、英語圏の道路を走ればいい!
 といったモノで、完全独走しようとしていると想像したら、恐ろしいことになる。

 何よりも恐ろしいのは、格闘経験がある見た目が弱そうに見える人に、自分と同じ物差しで接したら、殴られた!
 ということも起こるのです。

 一例ですと。あいさつ代わりに、初対面の人間の肩をポンポンと叩くというのも平気でやります。
(拳が飛んでくることがわからないのです(;・∀・) 例えであげたことが彼らの中では「正しい挨拶」だと思っているのです)
 
 つまり、暴力沙汰になってもOKな方法を施設内で日常的にあるのです。
 
 既に職員も限界です。
 私もそういった場面を目撃しましたが、なぜ、それが悪いのか? 何故、事件になってしまうのか?といったものを
 詳しく教えられないというのもあります。

 方法は、あります。視覚支援教育とVR体験。
 ですが、彼らの行動原理は、「DQN行為=カッコいい行為」と思い込んでいる為。
 それを疑似体験したことで、「俺カッケ―!」と思うかもしれません。

 しかし、この方法と同時に、問いかけなければいけないことは、「君のアイデンティティはなにか?」
 ということを問いかけ、自分自身とは何者か? 自分が自分であると言えるのはなにか?ということを
 何度も自分自身で問いかけ、答えを稚拙でもいいから、発信することだと私は思います。

 そして、私の物まねをする利用者がいますが。
 「では、君は、『私』なのか? 君という名前の人間は、この世にいなくてもいいんだね?」
 と聞き返し。私ではないと否定します。そして、自分は自分であると。

■就労支援の役割と彼らの文化はどうするのか?

就労支援施設が、死ぬまで面倒みるというのなら、彼らの文化を保護してもいいと思いますが。
職員も、寿命があります。不老不死ではありません。
親亡きあとも生きないといけないのが現実です。

その受け皿となる社会の場が少ない事。
そして、偏見をなくすための双方の歩み寄りと努力が必要ということ。
そのための、組織をどう創るか・・・? そして、どう続けるか。

 
 
 
 
  1. 2017/05/28(日) 11:34:34|
  2. 新潟地方の成人発達障害(軽度)の実情
  3. | コメント:0

重要なお知らせ エンティさんでの活動は停止します。

重要 エンティでの活動を休止します。

私のページを見ていただきまして、ありがとうございます。
そして、応援。支援ありがとうございます。

最近問題となっている。エンティさんのことを私なりに調べてみましたら、

今後投稿予定であった。

発達の生きづらさを知恵と心理学で乗り越えていくのがテーマである。
雪女親子の日常系の小説が、第三者提携先の判断で消される危険性があるかもしれないと思いました。

恐らく、健全な内容であったとしても危ういと私は判断しました。

今だから言えますが。
GW中に投稿した内容も限定設定にしても、反映されず。
Twitterと連携してもできなかったということが最近ありました。

(自転車同士の衝突事故を避けるための自損事故もあり、右手首を守るために、肩。肘、膝が負傷して、今月の投稿がそれしかなかったのもあります)

そして、最近の問題を調べて、支援者の意思を無視するような対応を知り。
このままでは、ダメだと私の中で、決定打になりました。

私の子供である「作品(雪江さんと沙雪ちゃんたち」を守るために。
私の中で、動いて生きている。雪江さんと沙雪ちゃん。そして、アホの子アイラ。

親子が理解し、泣き笑いが、あって、信じられる友達がいるから、未来への糧になる。
「安心して、生きられる世界があったなら」という作品を出したいので。

勝手ながら、エンティでの活動を停止することにしました。


■振り返ってみて。

初挑戦のクラウドファンディングで右も左もわからないままやっていましたが、
発達系の活動を通して、こんなにも、生きづらさを抱えていた人がいたということ。
地元という町であっても、孤独を感じていること。

そして、現段階での福祉制度では、高機能系の成人当事者の幸せに生きたいという
想いや希望を叶える道筋を示せないのか!と言った怒りがあります。

■エンティのページはどうするの?

エンティのページは、残して置きます。たぶん、るーちゃん初登場の記事が一番
人気があると思いますので。(あざとい。ロリドラゴン娘ぇ)

現在はnoteで投稿していますが。プレミアム会員ではないので、見づらいと思います。
そして、移転先予定であるファンティアさんで小説OKとあります。

■ファンティアさんで行うとなると。
今現在は、ファンティアさんで行う場合のリターンをどうするか?

これについては、今すぐに決めないで、契約規約を読んでからですね。
就労活動計画の見直しと変化もいれないと。(セルフでやっております。(;´・ω・) 職員になったほうがいいんじゃ・・・?)

ご存知の方もいますが、私は今現在鬱病の薬の減薬中です。

主治医期から「体が今の状態に慣れることと体力の拡充が最優先。新しい事の
挑戦は控えてね。リバウンドして、またやり直しになるから」

と言われているので、規約と知識の補給。
スミレさんの次回作の話を書いている最中です。


文章でスミレさんの心理ケア方法を公開しますかねぇ…(´・ω・`)
資料豊富。

最後に、応援してくださり、ありがとうございます。

以上、重要報告でした! 

アグレシッブにうつっていこ―!のレミーでした。
  1. 2017/05/26(金) 18:53:37|
  2. お知らせ
  3. | コメント:0

五月報告。減薬。


 本日は、減薬実験一か月経過の報告。

 そのまま続けていこうー!となりました。

 
■うつ病関連の医療傾向。 患者さんの「今後自分の意思でどうしたいかを聞く」

 減薬に関しては、日常生活での報告+患者さんの今後どうしていきたいか?(こういった医療傾向にあるみたいですね)

 を元に副反応・有害副反応を見て減薬するか戻すか。を決めているみたいです。

 就労支援の現状に置いては、色々とツッコミが多すぎて、一度事故がない限り、治らないのでは・・・?と思うほどです。

 (匙投げ捨てました。)

 住んでいる地域の就労支援施設では、「知的障害者向けの就労支援プログラムのノウハウはありますが、軽度で健常者寄りの考え方ができる発達当事者のプログラム支援はできない」
」という現状にあります。(有名な発達系の就労最前線記事を投稿したいほど。あ、暴露系の部類になるからnoteで書けばいいのか?)

 これは、政府の意向もあって、障害を持った人でも地域社会で暮らせるようになりましょう。
 と約束事が自治体に通達がありますが、地域住民と就労場所の感情面での問題が、地域ごとによって「格差」があるので、
 その辺の課題を解決するには、時間がかかりそうです。

 施設の立場は理解しておりますが、精神ストレス過大なので、

 精神的なストレスを軽減するコーピング の心理技法を使って、心理的距離を取りました。
 
 恐らく、誰でもできるはずなので? 他の人も可能なはず。るーちゃんに放り投げるスタイルかリョウさんに。 

 (ワークシートを作れば・・・ネタが溜まりすぎィ)
 
 
■アクションが遅くなるが、安定かが先。 

 個人的には、早めに実習をしておきたいのですが。
 現段階では、体力面の拡充と心理面の安定を図ることを最優先にするため。

 資格取得のモノは控えた方がいいと言われました。

 例えるなら、面接やプレゼンの前に力をつけようと「お腹いっぱいになるくらいまでご飯を食べたら、
 さあ! 勝負だ! という場面になったら、集中力が欠けて、消化の方に体の意識が向かっている状態」に近いでしょう。

 身近な例でいうと。よく昔から腹八分目にしなさい。と言われたことはありませんか?

 これは、私なりに解釈すると『ご飯の量を調節して、物事に集中しましょう』というのがあります。


 減薬の状態に慣れるにも、一か月が目安とあります。個人差がありますが、半年から一年は経過を見ることも。

 それから、昨日 五月11日に、窓際に押し倒されて、背中が痛みます(;´・ω・)

■パステルアートをやってみて

 パステルアートは、臨床美術の領域で。セルフセラピーの1つです。

 それでやってみましたら、五分でできるので。成功体験がつみやすいのです。

 材料も100円ショップで揃えられるので、おススメです。

 希望がありましたら、使っている材料を画像に載せておきます。


 pixivに投稿してみようかな?

  1. 2017/05/12(金) 23:49:51|
  2. 日記・雑記
  3. | コメント:0

龍戦記ドラグーンソール 第13 邪神カオス到来 

新章の始まり。

半年前に終わったドラグーンソール達の戦いは、過去の世界の未来を変えた。

彼らは、つかの間の休息と。ドラグーンソールの特撮を作るという夢を持つ。

しかし、邪神カオスの魔の手が迫る。

下から飛べます。
https://note.mu/lifehackslogs/n/n2dba38418f55

書いた後の感想。もう、スグル師匠だけでいいんじゃないかな・・・_("_´ω`)_ペショ
  1. 2017/05/07(日) 11:29:35|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

プロフィール

レミー

Author:レミー
同人サークル ライフハックログラーズ
主に「現代社会に生きづらさ」を抱えている人に、生活の質を挙げる為に戦う。

人生という名の荒野に牙を立てろ! メアドkissxkisskid☆yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
るーちゃんのライフハックビルダーズ (5)
白蓮スミレの発達障害って何? (9)
さとみが問題を斬る (6)
アイラの生存戦略戦術 (11)
リョウさんの心理面の戦い方 (3)
あくちゃまの同人音声制作記 (7)
日記・雑記 (41)
キャラ紹介 (2)
新潟地方の成人発達障害(軽度)の実情 (19)
龍戦記ドラグーンソール (3)
図書館司書吸血鬼シアの読んでる本シリーズ (8)
お知らせ (9)
うつ病になると困ること (4)
創作系の本 (5)
小説集 (5)
あくちゃまの福祉社会学 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR