同人サークルライフハックログラーズ

生きづらさを抱える人の生活工夫の知恵とツール紹介

同調圧力会話が「和」なの?

アグレッシブにうつっていこうー!のレミーです。

本日は、この間診察受けてきたことを踏まえて、感じたことを赤裸々に話していきます。

「日本は同調圧力会話が「問題を起こさない和」と思い込んでいる」

 これは、心理士さんとの会話で思い出したのですが。

 小学生からずっと私は思っていたのですが。

 「空気を読め」というのは、主従関係の会話そのものじゃない?

 日本の歴史を紐解くと、五人組という相互監視による仕組みや昭和期においては、
 意を唱えるとそれは自分の国の人間ではない!や生きる為に戦役を逃れる人をけなしたりする
 という風潮がありました。

 なぜかとさらに考えると。「立場による流動性がない」から立場の違う人と会話する機会がないから、
 そうなってしまったのではないかと私は思います。

 たとえば、歴史で言えば。士農工商という役職が定められたり、藩ごとの住民の移動はなかったりすると
 「その閉じた世界でしか会話ができない」
 「その世界で通じれば、外国でも通じる」という思い込みが陥りやすいのです。

 現代に置き換えますと。
 外国の人が家族が近所に住んだら、怖がるか遠巻きに接するかの対応をすることが多いと思います。
 
 これは、私の小さい時の体験ですが、子供同士ですと。

 「相手が何を言っているのか」かなんとなくわかります。

 当時6歳くらいで、中国語なんて全く知りませんでしたが、その家族が何を言っているのか。
 また。どうしたら、仲良くなれるのか?というのも、偏見や立場。国の違いという価値観の眼鏡
 で観ていないのもあり、ほんの数日で仲良くなった記憶があります。

 ですが、小学から上がっていくと。
 「言葉にしなくても、自分の気持ちは相手に伝わる」という日本式の空気読め会話が
 横行していきます。

 「同調圧力会話は、学校から職場。どこでもある」
 
 同調圧力会話は、学校から職場とあり。古くから伝統となっていると思います。
 実際。就労支援施設でも、「職員の言動から気持ちを読み取る訓練をしましょう。
 私達が認知行動療法を口頭で指導します」

 と言っていますが。
 
 口頭で、「できる」ほど簡略できるのでしたら、全国の医療機関に報告をあげてくれませんか?
 私自身でも試行錯誤を重ねて、セルフでできるのに、独学で10年くらいかかりましたよ?
 
 少し脱線しますが。
 
 認知行動療法をざっくりと乱暴に説明しますと。
 一日の出来事を文章と数値化するという作業を紙に書いて、視覚化することで、
 行動の振り返りと感情を観察することができるのです。

 日記なんかが、簡単な認知行動療法ですね。
 
 心理士さんか看護師(精神科の先生による。2016年頃に看護師でもOKに)
 の指導があって、やるものですが。
 
 就労支援施設の職員の多くが、看護師ではなく。
  介護福祉士とサービス介助かレクレーションの資格保持者のはずですが。
  役所の提出書類に専門的な心理ケアを含めた助言ができるとあるそうでしたが。
 それ、大丈夫なんでしょうか?

 (たぶん、グレーだと思う。つまり、心理ケアで間違った指導をしたら、社会復帰不可になるという)
 


 話を戻しますが、日本の会話は、相手にとって求める答えに同調して、会話するのが正しい。
 とされており、自分自身の気持ちや考えを押し殺して、従うのが常識というものにあります。

 お恥ずかしい話になりますが、学生時代に友人から。どう会話していいかわからない時のアドバイスが。

 友人達「よし! 空気を読むのが苦手なら、あえて空気を読まないでいけ!
     AKYだ!」
    
   A あえて K 空気を Y 読まない
 
 私「それでいいの?!」

 今思いますと、ずいぶんと時代を先取りしているような気もします。
 ですが、欧米文化圏ですと。「自分の気持ちと考えを言葉にしないと相手に伝わらない」と想い子供時代から
 教育されているそうです。

 この当時の友人たちの考えは、先進的な考えを先取りしており。
 日本で生活していくためのヒントがあると思います。

 それは、ディスペーシング。 
 
 「日本は同調が大好き。なら、同調しないという方法」
 ペーシングとは、心理学・カウンセリング技法で、同調するやり方です。
 これは、営業心理学にも使われており。相手の動作を真似ることで、警戒心を無くすという方法です。

 なので、あえて心の中で同調せずに。自分を守る。
 という方法も診察で教えてもらいました。

 このディスペーシング「非同調」は、心の中で行うことで、自分を守る術です。
 同調会話圧力から、自分自身の心を守るためのライフハックスキル。

 ただ、相手がペーシングをやっていると気づかれたりしたら、反感を買うか。
 不信感を抱かれます。

 聡い利用者に対して、就労支援の職員がペーシングの技法使って来たら、
 見透かされて、怒りの種を埋めつける作業だけになります。
 私自身、勉強し続けているので、職員がこういう理由でこうしているという処までわかります。

 コツとしては、顔のどこを見ればいいのか?

 「表情筋」ですね。演劇などの経験者を除けば、一般の人が意識していない部分。
 そこの筋肉反応を見れば、ある程度の反応パターンが導き出される。
 意識していないと自分の感情がタダ漏れになっているのです。 

 ただ、観察する場合は、額やのどと行ったところから見て、「顔全体を見ている」
 と相手に思わせておけば、気付かない。

 職員がどこをどう見ているのかを少しだけ、表情筋の事を話しましたが。
 これは、まだ「ほんの一部」です。 

 職員に話した意味として、もう1つ。

 「あなた達のカウンセリング技法を全部見せてください。全部ラーニングしますので」

 と暗示を込めたことも可能です。

 ただし。この技法の一部は悪用です。
 詐欺師も使う方法でもあります。
 心理技法は光と影の表裏一体なので、使う側の良心が問われる。

 生保でうつ病になってしまった一因もここにありますが。 

 こういった内容は文章形態でDLさんでるーちゃん関連で出す、か?(・_・;)(ナヤム
スポンサーサイト
  1. 2017/04/22(土) 21:42:38|
  2. 新潟地方の成人発達障害(軽度)の実情
  3. | コメント:0

さぁ。沼に落ちよう。(まて) フレームアームズガール

今回はコトブキヤの名作?(可愛い女の子プラモを売っている)

FAG:フレームアームズガールを紹介するよ。

最新はこれ。イノ子



この子は、素体としても優秀で、胸が大きく(そこかい!)肌色の手足も付属。
そして、犬耳猫耳パーツもあり。フィグマサイズなので、ドール服を着せることも可能。
たぶん、アゾン系かリカちゃん人形でもいけそうな。

褐色肌バージョンもでるそうなので、チェックチェック。

コトブキヤオンラインは、クレカなくても対応しているので。
特典付きのを欲しい人はおススメです。

コトブキヤのプラモは、バンダイのように大量生産できないので、破損したことも考慮して
二個買いは必要になります。たま―に改修版がでることも。

また。創るの苦手―という人は、キーポッシュシリーズがいいのかも?





 こちらは、キーポッシュシリーズとの互換性もあり。
 体操服やら、小物も使えるのでおススメです。
 
 フレームアームズガールの強みは。

 「君の手で、君だけの色に染めた。フレームアームズガールを作り上げろ!」 

 たとえば、上の例で言えば、ガルパンのキーポッシュの頭部を交換することで、ガルパン風の轟雷ちゃんも作ることも可能
 ということです。(沼だ。沼だw)
 
 それと、フレームアームズガールの化粧アイテムはどんなのがいいの?と思うことがあるので。
 こちらの商品のレビュー欄に化粧のコツが書いてあります。

 

 私も何体か作りましたが、パチ組だけで、程よい完成度です。達成感は味わえます。
 作品は、轟雷。スティレット。迅雷。アーキテクト。です。

 道具としては、ニッパーとデザインナイフ。接着剤(色付きのモノが市販されているので、どこに着けたのかがわかります)
 メイクアップして、化粧したい方は、上記のメイクアップのモノを買うといいでしょう。

 紹介して思ったのですが。これ、イラストなどの女性キャラの塗り方にも通じるのでは? と私は思いました。
 

 
  1. 2017/04/16(日) 11:33:21|
  2. 創作系の本
  3. | コメント:0

もしも、就労支援施設のみで、障害者が生活するとしたらいくらいる?

今回のテーマは、「就労支援施設のみで、障害者が生活するとしたらいくらいる?」

 答えから言うと、純粋に工賃だけで。月10万はいる。

 なぜなら、医療保険や交通費。医療費代。介護保険。通所にかかる弁当代を含めて
 トータルに考えると、「最低でも10万はいるな」といえる。

 ■利用者の人数が50人だと、500万の費用をだせるのか?

 たとえば、1人の必要収入工賃が10万とする。
 そして、施設で食品販売(一品のみ)で120円を売るとする。
 その商品で、10万円を得るには。

 どんぶり勘定になりますが、10000個も売るようにしないとならない。

 この計算は、原価や材料費を除いて、考えていますが。

 はっきり言って、1つの商品だけで、得るというのは企業でも「難しい」と正直に思う。

 ■販売戦略。SNSは使用しません。マスコミも使用しません。地域の善意に頼ります。

 これは、同人活動したうえでわかったことだけど。

 「SNS」も使用しない。マスコミも使用しない。地域の善意に頼ります。
 という販売戦略は、「自分達は透明人間です」と言っているようなもの。

 つまり、「周囲の人にどうやって、知ってもらうか?」ということがわからないのが現状。
 
 時代に合った方法が、テレビでも散々やっているにも関わらす。

 「しない」「できない」とったもので、新陳代謝も起きない。

 熱心な人は、ソーシャルファームという手法をとっています。
 
 ■ソーシャルファームって何?
 ざっくりとまとめると。

 「ソーシャルファームとは、就労弱者である。障害者やシングルマザー。ホームレース。といった
 立場の弱い人が働ける場を作ることです。企業の経営手法をつかって、
 健常者と障害者が協力して、事業を行うというものです」


 (条件次第では、就労支援の内容をそのまま持ってくることも可能。ですが、
 そーしゃるふぁーむ?? ナニそれ、おいしいの?状態)

 NPOの部類になりますが。自分で考え、生活する。(給料をもらう)といったものですが。

 健全な経営収益になるのは、稀だそうです。

 すでに、首都圏にはあるそうですが。地方でやるとしたら、募金や寄付だけでなく。
 健全化するためには、継続的なリターンを提供することが不可欠ではないか?と私は思っています。

 また。条件次第では、利用者がNGOとして、立ち上げ。就労支援先に安定受注することで
 雇用創設をすることも可能とあり、就労支援のやり方をあまり変更せずにできるといえます。
 就労支援の職員は変化することが苦手なので、彼らのコンフォートゾーンを理解したうえでの
 生存戦略となります。

 
 既に考えていること自体が、アグレッシブ発達当事者という (;・∀・)つツッコミ 

 実際、私の方でも個人的に知り合いを通じて、できないか?と下地を作っている最中です。
 見本も私がサンプルとして、創りました。

 ■デメリットとしては、生きるも死ぬも利用者の意識次第。
 
 ただ、ソーシャルファームに関していえば、利用者の当事者意識の有無が大きくかかわると思います。
 例えるなら、彼らはある意味では「ソーシャルファームのアイドルグループ」のようなもの。
 つまり、プライベートも含めての言動が売り上げにも連動しているということを実体験しないとわからない。
 (下手をすると活動できなくなるばかりか。企業側の反対材料にもなる)

 例えば、カフェを運営したいとしても。オーナーの視線が行かない場所での衛生面は、
 「片手だけ、手を洗えばいい」「アルコール消毒なんてしなくてもいい」
 「トイレの内履きに変えるのが面倒だから、室内の靴のままトイレに入ればいい」

 と言った。彼ら障害者特有のルールで生きている為。
 それが「なぜ、いけないのか?」ということも理解できないのです。

 観察して、わかったのですが。

 中度から重度の知的障害となると、「自分と他人の区別がつかない」ことが多く。
 肉体年齢は実年齢だけど、精神年齢が幼過ぎていることが多い。

 こういうことをすると、あなたの給与にも影響でますよ。というくらいにならないとわからない。
 ただ、これは、経営側にとっても諸刃の剣なので、それ以外の方法はないのか?
 となります。あるにはあります。

 それは、VRでのライド型体験。
 よく、科学施設などにフライトシュミレーションや電車のなりきりゲームがありますよね?
 それを経営疑似体験することで、「自分たちの言動が経営に連動する」と体感できれば、
 わかるのではないか?と私は思います。

 メリットは経済面での打撃が軽減される。疑似演習ができる。ということですが。
 デメリットは、「現実と仮想世界の区別ができないために、パニックに陥ってしまう可能性もある」

 これは、ハインリッヒの法則に関して調べていた時に知ったのですが。

 工場のライン事故の映像を見せたら、パニック障害になって、暴れたり、過呼吸になったりする人も中に入るそうです。
 また、精神年齢が10代後半が多いので、「DQN行為」=「カッコいいこと」と誤認識していることが多いんです。
 ケンカや傷害沙汰になりそうな言葉遣いが多く。挑発行為がコミュニケーションというのが現状です。
 (一応職員も把握はしていますが、施設外でそうしたトラブルがあったらどうにもできません。
 私もどうにもできません。(;´・ω・) 匙投げるのも無理もない)

 そのため、10回くらい注意することも多く。就労企業側も慎重になっていることも多いのです。

 ■地域での受け皿を作るには?

 地域での受け皿を作るには、ソーシャルファームを立ち上げる。それを継続する。
 そして、地域住民に受け入れるだけの寛容性を相互に持たないと生きることが難しい。

 ただ、成長拡大を最初から狙うのではなく。細く、長く個人ペースで活動できるのがいるのではないか?
 そのためにITスキルや営業。マーケティングがいるのですが。
 そうした知識を就労支援側は授けられない。

 何故なら、「職員(自分たち)が知らないから、教えることができない」

 では、どうするか? 

 やらざるを得ない状況に落とす。
 ITと共存しなければなりませんし。利用者の中にはスカプやラインもできる人もいますので、
 
 「彼らから教えてもらうように仕向けるようにする」
 
 そこら辺の課題は施設側の課題であって、私がどうこうする課題ではない。
 ですが、発達当事者の多くは、それだけ追い詰められている状況にあることが多いのと。

 支援体制が追い付いていないという現実だけは知ってほしいのです。
 
  1. 2017/04/13(木) 23:18:36|
  2. 新潟地方の成人発達障害(軽度)の実情
  3. | コメント:0

現実世界での就労アクション。ステップ雇用の有無。

アグレシッブに、うつって行こう!のレミーです。

 今回の記事は、「ステップ雇用」についてです。

 ステップ雇用って、なに?と思う方が多いと思いますので、例えるなら。

 「トライアル雇用の精神障害者版」と考えて、貰えるとわかりやすいと思います。

 ■ステップ雇用は、双方の不安を軽減する。

 私がステップ雇用に目をつけたのは、「企業側の不安」ーつまり、どういった人間で
 「発達障害」がどんなものなのか?を知ってもらう機会を試験的に設けることができる。
 ということと。求職者側としては、どれくらいの力量で、体調管理すればいいのかが、
 情報として、記録できるので、生き残りやすいということです。

 ■就労支援施設を利用している人の戦略として・・・私が生贄になります(ガチレポ)  
 

 結論から言いますと。私がやろうとしていることは、「前例がない」ので、私が生贄となって、やることになります。(体張りすぎィ!)


 流れとしては、週5日のフルタイムのリズムを整え。施設外実習に1回でて。
 「就労支援施設」と「地域支援」の2つの組織を保証人として、利用する。

 これが、ファーストアタック。

 就活に関しては、障害者雇用で、黒ではない企業を探すというのが。1つの安全策と言えるでしょう。
 給与面が、心もとないのが現実ですが。「安全と実績づくり」というのを第一に考えての事です。

 メンタルケアカウンセラーの資格を取り。当事者の心のケアをする説得力をつけたい。
 そうすれば、同人音声作品に、心理ケアの技術を堂々と裏付けたモノを落とし込める。
 はっきりいえば、カウンセリング技術を受けられない利用者が多い。

 これは、実体験も込めて言うけど。「カウンセリング技術を受けられれば、改善できる当事者が多くなる」
 そして、生存率が確実に上がる上に、希死念慮に抵抗できる強さの芯も持てる。

 そのまえに、やることがある。それはー

 ステップ雇用をしている企業を探すこと。

 ■ステップ雇用は、助成金などの影響で、やっているところとやっていないところがある。
 
 これは、施設からの裏取りになるが。

 「ステップ雇用は、助成金の関係で、やっている所とやっていない所がある」

 県単位なのか、市町村単位なのかは、不明だが。

 ステップ雇用の情報を引き出すには、ハローワークの本局に行くしかない。
 
 それか、各市町村の総合的な窓口の施設を探して連絡を取るか。の2つ。

 一番情報がありそうなのは、ハローワークの本局だろう。

 問題は、どうやって「情報を引き出すか」

 *注意:ここまで、アグレッシブに動きまくる発達当事者は、レミーさんだけです。繰り返します。
      ここまで、アグレッシブに動きまくる発達当事者は、レミーさんだけです。

 就労支援施設で、ここまでの情報は開示されていない。
 ステップ雇用に関しても、私も自分で調べて、たどり着いたんだ。
 福祉課の職員か就労支援施設に聴いてみるのもありかもしれない。
 一応。厚生労働省の通知が行っているから、それを無視することは、ないと思う。
 サービス管理職か障害者就労支援担当職員だと、なおよし!

 たぶん、関東圏はステップ雇用をやっている所が多いと思う。
 
 情報源は、厚生労働省から。こちらから
 
 http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/shougai_shokai.html

PDF http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/pdf/43.pdf

 精神障害者の雇用義務化もあと2年以内になる。
 そして、障害者雇用均等法で、雇用しなかったら、年額で80万近くを国に収めてください。
 というものもあるから、支払うか雇うかのどちらかになると思われる。

 (新潟県の去年の状況は、半分が水準未満。1社が雇わないといったものだったから。
 障害者雇用で限定するなら、軽度の発達系の人にとっては有利なはず?
 簡単な私の取り扱い説明書を作って、プレゼンするのもアリ。首都圏ではやっている所が多く。
 それで、就労したという実例もあるので、説得力があるといえるだろう)

 
 少なくとも、過去2年よりも情報が回っているから、得られる機会があるのが大きい。
 このブログを読んだ人の生存率があがるといいんだが。(そこは希望)

 あとは、ほしいものリストにも追加したこの本を各自で読んでもらうといいかもしれない。
 
 

 私は、人がいるからこそ。問題解決できると信じている。
 そのために、勉強し。学び。解決するのだと信じている。

 というわけで、現実面の就労活動も平行してやっていきます。

 次回も。アグレシッブに、うつって行こう!のレミーでした。

 拝読ありがとうございました!
 
  1. 2017/04/10(月) 22:20:36|
  2. 新潟地方の成人発達障害(軽度)の実情
  3. | コメント:0

就労支援施設の日常編1 「ショッカーの戦闘員?」

 唐突に始まる。「就労支援施設の日常。」を描いたショートストーリー。
就労支援施設の日常ってどんなんだろう?
 と気になる人もいると思うので、文章形式で。

 (クリスタペイントで四コマかける機能を調べないと。EXには、自動着色もあるんよ)

 利用者の多くが「特別支援学校」ー昔で言えば、養護学校なんだが。

 良く言えば「個性的すぎる」(精一杯の温かい言葉)

 そんな一幕をショートストーリーでお届けしたい。

 ■「ショッカーの戦闘員?」

  皆さんは、国民的ヒーロー「仮面ライダー」のショッカー戦闘員はご存じだろうか?
  作中。あまり言葉を話さず「イー!」と返事をすることが多い。
  利用者の中には、「はい」だけで、会話をしようという猛者もいる。
  
  なお、本作中での苗字は架空名であることをご了承していただきたい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  とある日の作業中。

  職員「吉沢さん。この作業をやりましょう」

 吉沢さん「はい!(大きな声で元気よく)」

  数分後・

 吉沢さん「職員さん。はい!(『わからない所があるのですが』と非言語で会話する)」

 職員「ああ。ここね。OK。こうしてーあーしてー。わかった?」

 吉沢さん「はい! (『ありがとうございます』)」

 一連の会話を見た時の私の感想。

 レミーさん「・・・ここって、超能力開発センターだっけ? それとも。
        ショッカー戦闘員の「イー!(非言語)」という会話を読み取る訓練をするところだったけ?
        非言語の『( )』を読み取る私もどうかしているけどさぁ…それを365日やるのはどうよ?」

 私は眉間にしわを寄せて、頭を抱えている。

 こうした日常を利用3年もしており、職員の非言語によるストレス具合も読み取れるまで獲得していく。
 なお、このような出来事を毎日繰り返しで、非言語を読み取り。こちらが翻訳していくという
 苦行対価はフルタイムで300円(1時間)である。

 正直、私のストレスコーピングなどの知識レベルまで、職員が獲得しておいてほしいと思うのは、
 「傲慢」だろうか?

 「とりあえず。企業側が、吉沢さんの言葉を読み取るのに「困難」することはよくわかった。
 が、的確でなおかつ具体的な指示が出せない職員対して、肉体言語。高町なのは式じゃないと
 会話が通じない職員を現実に観ると。ああいうのでも、就職できたという良い意味での事例があるから
 希望は持てるか」

 ちらりと視線を移す。
 タバコ大好き職員で、今絶賛審議中の受動喫煙の罰則二さえ反逆する。

 ≪福祉施設の敷地内でタバコを吸った場合。30万は払えると上司からの裏取り済み。
  施設管理職には、50万の罰金という連帯責任。≫

 彼は、国さえも敵ではないらしい。

 私に対して、トラウマの再体験を強制的に起こさせたタバコ職員をみて、 こう思う。

 「まぁ、上司に、「利用者の中に喘息発作起こすからとタバコを吸うな」と注意されても現在進行形で
 反逆しても、首にならん彼という見本がいるから、就労に対してはある意味では、希望がもてるか
  
 就労支援施設の職員の多くが、介護福祉士からなので、こうした非言語ができるのはデフォらしい?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 いかがだったでしょうか?

 最後の最後に、就労支援職員の多くが「介護福祉」からということもあり、
 介護は得意だが、心理ケア及び。就労支援は不得意とあります。

 そのため、守り方はできても。攻め方は不得意という。

 BLを勧めるぞ(´・ω・`) BL=ビーストラブ 

 就労支援施設乗っ取り(という名の布教活動)の為に、推し進めるマンガはこれだったりする。
 (腐らせるな)

 

kindleでまとめ買いはこちら




 ショートアニメはこちら。
 

 次回も。アグレッシブにうつっていきます!
  1. 2017/04/08(土) 10:51:20|
  2. 新潟地方の成人発達障害(軽度)の実情
  3. | コメント:0

(生々しすぎる過去)急かされるうつ病者と悪化させたいのか?就労支援者

こんにちわ。さとみです。

今回は、この記事に目を通してから、お読みください。

http://psycure.jp/column/40/

記事の亡くなった方は40代ですが。
現状においては、30代以上の当事者であるレミーさんも「急かされる側」といえるでしょう。
というのも、「家族からの圧力」ー早く社会復帰しろ! モタモタスルな!
といったモノの言動が日常的に、心理的に追い詰めてしまう。

■なぜ、彼らは精神論で片づけられるのか?

 それは、彼らの世代60代以降が良くも悪くも「精神論で生き抜いてきた」からとしか言えません。
 たとえば、2010年頃に、鬱病にいいとされていた「運動療法」をレミーさんの親はやれとお経のように
毎日唱えていました。ですが、12年ごろには、運動療法は提唱するのを禁止されました。

 理由としては、うつ病患者に運動療法をやって、自殺してしまった人がでたからです。
 昨日はできたのに、今日はできなかったというモノを何度も体験するだけで、心理ケアを教えなければ、
 そうなるのもわかります。

 そして、心理ケアを教えない。学んでもするな。と就労支援職員から言われた場合どうなるのか?
 をお話しますと。

■トラウマワークセッションで、安定するまでに半年かかりました。費用は、利用者の自己負担

 レミーさんは昨年の10月からトラウマワークセッションを受けることで心理ケアをすることに注力しました。

 何故、そうなったのかといいますと。
 怒りが殺意に変わり、小中学校の「理由さえあれば、何をしてもいい。たとえ、それが人を殺すことであったとしても」
 という歪んだ義務教育の基礎体験をフラッシュバックして、「殺すことをしないと生き残れない」という思いを
 再体験してしまったんです。

 就労支援及び、地域戦職員はそうした「再体験を何度もすることで精神的に強くなれる!」
 と信じておりますが、臨床心理士さんに確認したましたら、「下手すると人格改変。統合失調症
 になるかもしれないし、最悪社会復帰すら不可能になる」という指摘がありました。

 もちろん、その心理ケアにかかった費用は、そうしたこと引き起こした施設と職員は「何もしません」
 サムライならば、腹切りをしてほしいのですが。
 (いや、SAMURAIの精神を持った職員はいないし、あそこの職員は無理byレミーさん)

 また、厚かましい事に、そうしたことで得た知識体験と技法を「タダで、教えてくれませんか?」
 とこの間、管理職レベルからお話がありましたが。

 そして、彼らは、ブラック企業のお約束の言葉を言いました。

 『ここで、通用しないと他でも通用しないよ?』 

 すみませんが、利用者の過去の職歴を知った上で言っているんですよね?
 一応企業勤めの経験があって、その事を言っているんですよね?
 
 色々と言いたいのもありましたが、彼らは、言葉で利用者に対して認知行動療法をしているとお話していましたが。
 「8年以上も認知行動療法を続けていながら、臨床結果がでているTFTや呼吸法を認めていないというのは
 それは、どういうことでしょうか?」とレミーさんは少々キレておりましたが。

 その事を言いましたら

――ここからレミーさんの本番―――

 「レミーさんの認知の歪みを直しましょう。周りに直す人がいなかったのですね」

  レミーさん「( ゚Д゚)・・・・・・・・。(ここまで、『ヒドイ』とは思わなかった。
        中越地区で大きい所でこのレベルだから、新潟県全体の就労支援施設のレベルは、
        ここよりひどいか近いかという察する)」

 職:「また、ここに来る動機を変えるのもいいと思います。こちらの心を読む訓練としても」

 レミーさん:「ちゃんとした傾聴やアドラー心理学の技術講習を私にやらせていないのに?
         職員が傾聴やファシリテーションまでできていないのに?」
 
 もう、ハイライトだけで、無茶苦茶です。ホントウニ施設名と職員名を控えておりますので、
 いつでも全世界にブログ経由で配信した…あ、思い出すだけでも泣けてきた。

 また、彼らの驚くべき主張というのが
 「公共機関を利用して施設に来るだけで、体力づくりができます。
 そう、ライズザップのように!(例のCMの筋肉ムキムキになる音楽を想像してください)」
 
 色々と話し合いの中で、どこをどうツッコンデいいのか。
 しかも30代後半の大人がこのようなことを真面目に、真剣に、真顔で言っているので、

 私の音声で販売していい? 施設名やら全部。包み隠さず話すよ?
 
 正直、そこに行くことしか道はないと思い込んでいる闘病者の
 親世代の不安感を利用した商売。
 苦情先の処理も同じ系列のもので、 いくらでも「内部問題は消せる」
 というのが、よくわかる。

 また、トラウマセッションワーク(1時間1万円として)20万円も請求された場合。
 職員に支払い体力はあるのか?と聞きましたが。

 「15万は払えるくらいはありますので」
 と給与的に支払い能力があると管理職からの発言も得ているので、
 これはこれで収穫はありましたね。

 それと、就労支援事業所の職員の多くが「介護福祉士の資格持ちで働いている」
 という現状なので、障害者雇用のことを知りつくしている職員がいない。
 という実情です。
 
 逆に言えば、そうした事業をやるとしても「そこまでの資格持ちじゃなくてもできる」
 ということがわかりました。(ということは、放課後デイとかそういったのはまさか?)

 最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

 次も。アグレッシブにうつっていこう! のレミーでした。



 

  1. 2017/04/01(土) 11:47:18|
  2. さとみが問題を斬る
  3. | コメント:0

プロフィール

レミー

Author:レミー
同人サークル ライフハックログラーズ
主に「現代社会に生きづらさ」を抱えている人に、生活の質を挙げる為に戦う。

人生という名の荒野に牙を立てろ! メアドkissxkisskid☆yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
るーちゃんのライフハックビルダーズ (5)
白蓮スミレの発達障害って何? (9)
さとみが問題を斬る (6)
アイラの生存戦略戦術 (11)
リョウさんの心理面の戦い方 (4)
あくちゃまの同人音声制作記 (7)
日記・雑記 (45)
キャラ紹介 (2)
新潟地方の成人発達障害(軽度)の実情 (20)
龍戦記ドラグーンソール (3)
図書館司書吸血鬼シアの読んでる本シリーズ (8)
お知らせ (9)
うつ病になると困ること (4)
創作系の本 (5)
小説集 (5)
あくちゃまの福祉社会学 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR