同人サークルライフハックログラーズ

生きづらさを抱える人の生活工夫の知恵とツール紹介

鬱病と発達障害とトラウマと

発達障害とうつ病については、多くの書籍でも述べられていますが。

エンティの記事でもあげたモノを再度。こちらに乗せます。

「鬱病には三つの種類がある」

これは、知っている人もいますが。復讐も兼ねて、再度説明します。

1:働き過ぎから来る鬱病
2:環境的な要因(対人関係や職場の雰囲気)
3:遺伝的な要因(発達障害系はこちら)

一般的な鬱病の多くは、「1」が多く。 うつ病=1というイメージが多い。
ただ、なるケースとしては、1・2の複合が多くあったりとします。

それをケア・予防するという概念が2000年~09年代はまだ確立していなかった。
一部の芸能人には、診断されたというのはテレビでも伝えられていますが、
完治する方法が伝えられていますが。

正しくは、「寛解」という専門用語。これは、喘息にも使われている言葉で、
症状を私生活や労働に支障が出ない範囲までコントロールする。
ということです。

うつ病関連のセルフコントロールは、自律訓練法を利用した呼吸法を学ぶのが
臨床心理系では、一般の人でもできるので教えている場合もあります。


ですが、そうした知識を知っている当事者研究や心理情報を

軽視しているのが就労支援職員に多くいます。

なぜなら、彼らは、上記のルートからうつ病になるということを一切知りません。

そして、治す。制御する方法を一度聞いてみましたら、

「処方されている薬を一度に全部飲んで、副反応を起こして、来ればいいじゃないですか?
そうすれば、治りますよ」


衛生管理の資格持ちの職員がこう発言する時点で、新潟県の福祉系のレベルがどれだけのものか。
また、精神ケアやストレスコーピングといったモノを医療機関と連携している組織が
そうしたことをできない。ということですね。

もしも、この指導方法を鵜呑みにして、やってしまった場合。
「OD(薬の過剰摂取)」つまり、薬をたくさん飲む方法を私に知識提供をしたということになります。

(*鬱病治療者は自力で、調べられる人は、死ぬ方法も一応調べております。
また、そうした知識があるということは、職員の指導が間違いであることにも気づくという
なんとも言えない皮肉さ)

また、トラウマに関しての知識もなく。
何気ない日常生活の動作から、想起して再体験するということも知りません。

たとえば、今は、花粉症の時期ですから、皆さん鼻をティシュでかみますよね?

そのティシュの出す動作の音から、トラウマを再体験するというケースもあるにはあります。

私の場合ですと。

就労支援施設のプログラム内容と雰囲気が
過去に殺意を抱いた小中学校の生活と相手を思い出しますね。
そのための治療法もセルフセッションでやっていますが。

すこし、大げさに聞こえるかもしれませんが。

恐らく、「自分が死ぬかもしれない」という体験を就労支援施設の職員は、
小学時代に経験したことがないのでしょう。

そして、小学時代に自分の親友が死んだという経験もたぶんないでしょう。

私は両方体験しました。
そして、それなりに、職員の心理揺れ幅や何に対して怒り。
怯えているかも、わかります。

ですが、職員はそこまでのことはわからない。

彼らからすれば、そこまでの感受性や観察力がなくても生きていけるということ。

そして、そのことを観察して、今現在個人研究中ですが。
発達当事者の感受性を制御する方法を確立させれば。
「鬱病やストレスをケアして、生きることができる」
ということになる。

そこまでのことを私は独学でやっていますが。
それを確実にするには、心理学系の研究に潜り込んで共有する。
そして、情報を配信するということが必要となる。

(メンタルケア心理士かカウンセラーの資格を取るとして30万くらいかかるというorz
就労支援の月工賃 4000円だけやるとしたら10年以上かかるぞ!?)

また新潟県の場合は、「どんな困難も。一途に、我慢さえすれば解決する」という魔法を信仰しているため
カウンセリングの重要性がわからない

その反面。精神病の受診件数が増えています。

ちょっと、私を実験台にして、アートセラピーを体験して来ようと思います。
( ゚Д゚)・・・受付まだ、あるかな?

次回も、アグレッシブに「ウツ」っていきます!

(うつと行動を移すをかけています)

スポンサーサイト
  1. 2017/03/14(火) 18:13:08|
  2. うつ病になると困ること
  3. | コメント:0

アナログイラストから、着色のわかりやすい動画を見つけたよ。

今回は、創作系の本とは別に。

個人的にペンタブ(板タブ)よりも、アナログ絵が好きな人が使えるんじゃないかなー?
という動画を見つけました



フリーソフトのアルパカのやり方だけど。

CLIPstudiopaintやSAIにも応用できるんじゃないかな?と思う。

あと個人的に気づいたけど。

るーちゃんのデジ絵を作って、文章と写真入りの
作品が出せる可能性がでてきた気がする。

るーちゃんの絵は、アイラとのラインの様なやり取りするアイコンみたいに対話させていけば。

「長ったらしい。心理技法をぶち込める」

という私の横島さんの欲望並みに出せるかと??

今現在は色鉛筆絵の持ち味を生かしたまま
ジャケットにできる方法も探し中。

・・・あ。音楽素材落とすの忘れてた(;'∀')
  1. 2017/03/13(月) 23:03:35|
  2. 創作系の本
  3. | コメント:0

感情のやりとりの配慮を思考な正常な方に我慢を求める

風邪で、体が火照り。寝付けずに(眠剤を飲んでも寝付けなかったという)
ようやく起きたので簡易的に。

ラジオニュースで、障害者用のグループホームで
「40代の身体?の人が火をつけて、火災が起きて、60代の管理人。30代の知的障害の人が亡くなり・・・」
と言っていたので、具体的な内容は覚えていません。

「感情のやり取りの配慮を思考が正常な方に我慢を求める」

このニュースを聞いて、率直に思ったのが。

大きいカテゴリーで「障害」と分類されていますが。

思考が正常な身体障害の人にだけ、「知的障害者に対して配慮して理解してください」

と職員から、言われることがあります。

私自身就労支援施設を利用しているので、同じように。「私以外の知的障害・場面緘黙症などのすべての人に
対して、配慮して、理解してください」
彼らの言葉を率直にまとめると「あなただけ、我慢してください。他の人は自由にしていいので」
というものですね。

まず、「理解してください(我慢)」の度合いが超えてしまっていると言ってもいいでしょう。

「衛生管理の概念が、知的障害者にはわからないから、どう伝えるか?」
たとえば。風邪や喘息で咳き込みますが、人に移さないために使い捨てマスクをしますよね?

そのマスクをしないまま。作業を週5日やっていることもあります。

また、「咳やつばがついたマスクをそのまま再利用して、作業に使う」という人もいます。

 一応職員も注意しますが、怒鳴りに近い注意をしたら、却って怯えてパニックになって、
 就労支援施設から脱走ということもありますので、彼らがどこまで理解できるのか?
 といった。理解の物差しがどこまであるのかがわかりません。

 また。就労支援施設の利用者の中には、一度働いたことがある人も利用しますが。
 上記のような。労働経験があっても「マスク」の役割が何を果たしているのか?
 といったことを理解しない人もいます。
 
 生まれてから30年以上の人でも、理解できない。
 といいましたら、その凄惨さがどれだけのものか? 職員と私の苦労の一端を
わかっていただけたら、幸いです…。orz (改善案考えるのがほとんど職員じゃない私)
 
 作業中に使う使い捨てマスクの備品は、利用者の自己負担です。
 医療費代も緊急時の入院代もです。そこまでの事を理解している知的障害の人がいないため。

 ヘイト=怒りが、思考が正常な利用者を抱え込みやすいのです。(月収入が1万となると生活が・・・)

 冒頭でのラジオニュースの火災の原因は、「職員が思考が正常な利用者に、あなただけ我慢してね」
 と押し付けてしまったこともあると思います。

 怒りを逃す方法は、心理学やTFTでありますが。そういった手法を職員が知らないため。
「我慢すること以外禁止」となっています。
 たとえば、カラオケ屋ささんで大声で叫ぶ!は一般の人はできますが。
 就労支援の利用者や障害を持った人は、日常的に利用できないとあります。

 それはなぜかといいますと。カラオケ屋さんでトラブルが起きた場合に、「だれの責任」になるのか?
 といった明確な責任の所在やお店側で、拒否するケースが多いのです。
 
 知的障害を持った人でも怒りや憎しみ。哀しみもありますが、そうしたストレスの解消法を
 教えている環境はないに等しい。
 
 たとえるなら、知的障害者の感情等豪速球の野球ボールを、思考が正常な障害者にぶつけているような状態です。
 正常な人だけ、豪速球をぶつけられたら、不満感もでますし。怒りもわきます。
 
「解決課題として、就労支援職員と特別支援学校の職員及び、社会福祉協議会の協力がいる」

 日常的なケアをするには、そうした地域環境の土壌を職員が、地域社会の企業に頼み込みに行く。
 ということが必要じゃないか?と思います。

 日本で最初の障害者雇用をしたチョーク会社も。
 養護学校の先生の熱意に打たれて、雇用したと言われています。
 それと同じように、日常生活面の環境範囲で、就労支援職員と毒別支援学校の職員。社会福祉協議会の
 三方の協力と地元社会の協力が不可欠になってくると思う。

 現実問題としまして、「所属」に拘っていたら、後天的に障害を持ってしまった人でも生きる社会ではなくなってしまいます。



  1. 2017/03/12(日) 13:27:13|
  2. 新潟地方の成人発達障害(軽度)の実情
  3. | コメント:0

没にした。あくちゃまを主役にした小説のあらすじ

「デビルダイバー あくちゃま」

あらすじ。

坂之上田村麻呂と鈴鹿御前との戦いに敗れ倒された。鬼ー悪路王。

彼の夢であった。

「民が腹の底から、笑いあい。夢を叶えられる世にしたい」という野望が叶わずに死んでしまった。

しかし、あの世で、「日本鬼子」と名乗る。組織に、拉致されて。

「おまえ、女に生まれ変わり。
2000年頃の日本で、心の病を治す仕事してこい。
名前は「あくちゃま」な」

と言われ。転生という名の合法的な改造を施され。
(もとい、某クラスタの陰謀「アンケート」により…メタい!メタい!)

男から女にされ。

現世に蘇る。

 心と性格は生前の「男の鬼」

 だがしかし! 蘇ったら「女の鬼」にされた。

そして、インターネットのゲーム。「VR」を利用した「理想都市シャングリラ」を通じて

「人の心に巣食う。魔が暗躍する怪奇事件に挑む」


ー我が臣下に、手を出した報い。覚悟できているであろうな?
我か? よかろう。名を魂に刻め。

我が名は、「悪路王」のあくちゃま。

牙なき臣下を見捨てては置けぬ。おせっかいな鬼じゃ。―

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

桜花の鬼姫の序章を書くつもりで、
没にした。あくちゃまのあらすじ。

VRゲームのニュースが流れた時にフッと思い浮かんだ。もの。

概要としては、VR空間と人間の心理を舞台にした怪奇な戦いを描くもの。

妖怪に取りつかれる⇒あくちゃま出張って、倒す。
⇒あくちゃま力を使い果たして小さくなる。

という変身ヒロイン系・・・。

重要なんで、下穿いてません。 

投げるとしたら、なろうか。カクヨム?のどちらかに。
あくちゃまは鉄扇か小刀を武器としますので。

ファンアートもOKですよー。
  1. 2017/03/09(木) 19:07:12|
  2. 小説集
  3. | コメント:0

作業所の利用は64歳まで。「障害者65歳問題」とは?

短文ですが、更新します。

さて、本題になりますが。

皆さんは「障害者65歳問題」というのは、ご存知でしょうか?
実は、「福祉のもう一つの問題」ともいわれております。
なぜなら、障害者の作業所を利用できるのは「65歳までだからです!」

「なぜ、問題なのか?」
 実は、法律で高齢者は、福祉施設

つまり、老人介護施設に入れるようにはなっています。
 
ところが、後天的・生まれた時から障害を持った65歳以降の人は、

上記の老人介護施設に入ることができなくなります。

(少し脱線しますが、重要なので。

この問題は、2013年頃から、注目されており。法律関係でどうするか?
社会福祉の全体で守るようにするか。介護福祉で守るかと。
福祉の現場でも、問題になっているものです。

たとえば、介護保険制度の支払いをしていれば、介護の時に負担が減る。
というモノも。支払い能力がある人はできます。

ここでの問題は、「作業所でしか、働いた経験しかない」
つまり、介護保険を知ら払える余裕があるほどの給与がない人が
自分で生きられるようにできるか?というモノを作業所職員が目をそらしている状態です。

作業所のみの収入は最高額1万ぐらいですね。
ただし、弁当代。交通費代を含めると「マイナス三万円」となり、行政の交通費補助だけでは、
『自活』できないという現状です。そこまでの事を利用者と保護者に説明している施設は皆無です。

レミーさんみたく。自力で調べつつ。利用規約も読み、こういった問題と課題に気づける人は、
ネットで調べる人が近くにいないと。わからない。知らないという現実にあります。
施設の仕事内容としては、下働き。タオル畳み。チラシ折り、チラシを切る(素手で500枚以上これを毎日)

『素手で切る理由―国と各自治体からの要請』

*ハサミやカッターといったプラ系のモノも禁止されています。
そのため腱鞘炎になったり、手がしびれたりする人もいます。

 相模原の事件の影響で、国から各自治体そして、福祉事業所に
利用者は、けが防止機能がついた子供用のハサミ出さえも持ち込みが禁止となりました。
それが、作業をするときに使うという限定された条件であっても、です。

職員は、暴れたりしないので、大丈夫だろうという理由で、ハサミ、カッターの所持は
事件前と同じ扱いです。

ハサミを使わないという作業効率を無視した。

作業内容の完遂という状況は、はっきり言いますと。

利用者が社会復帰するまえに、腕が壊れてしまう可能性が大きくなります。
もし、治療できたとしても。後遺症や癖となってしまうため。

個人的に言えば、就労支援事業所と職員は、利用者の生活全般の責任を全く取れません。

どこまで、責任とるか? そして、組織の目的は何か?が再度問われていると思います。

ですが、小さな組織が、「ハサミ禁止」という国からの命令を、背くことができませんからね。

■腱鞘炎の怖さをどれだけ知らないかといえば・・・。

 腱鞘炎予防のストレッチを昼休みと10分休の時だけやれと言う指導レベルなので。
たとえば、「長時間同じ姿勢でいると何故、肩がこるのか?」
という初歩的な保健知識が抜け落ちているという介護施設経験ありの職員が8人(施設長含む)

なので、看護医学系の情報をプリントアウトして持って行かないと当事者意識がもてない。
というくらいの場所です。これでもまだ。契約内容を詐欺する施設よりはマシです・・・。)


■ 作業所の規約は、65歳までしか利用できない。 実質64歳まで

福祉作業所の規約にある「65歳までしか利用できません」というルールにのっとり。
それ以降の間は、ざっくり言ってしまうと「自分でどうにかしてくださいね」というもの。

「現時点の法律の目的と異なる?」 

今現在の法律の障害者総合支援。優しく言うと

「どんな障害があっても、その地域で生きられるようにしよう!」

ということですが、生活の基盤である。衣食住もそうですが。
利用者の多くの収入元となるのは、

障害者基礎年金か生活保護のどちらかですね。

ただ、どちらも一長一短ですが、生活できるか?といえばできないという
レベルですね。ないよりはマシですが。

そのための目線を持った人と組織がいります。
最低でも。フラッシュバックとトラウマに関する知識を持っているのが
条件ですが・・・。

藁にもすがる思いで申請したが、亡くなった人もいますからね。
現状を説明するだけで、自分自身の自尊心を傷つけてしまうことを
あまり知られていないのもありますが。

申請のハードルが平成24年以降かなり厳しくなっているので。

本来であれば、福祉の対象となる人が、受け取ることができれば。
生活再建の基盤も早くできます。

ですが、地方によっては、そうした支援系のNPOがあるのかさえも知る手段が
「個人努力」に委ねられているという現状です。

たとえば、私達の処では、市役所の総合誌から探すのではなく。

「福祉拠点に直接出向いで、紙媒体から探す」ことが多く。

「スマホなどの端末から探す」という。

時代とは逆方向のやり方をしております。

 皆さんも、フラッと近所のスーパーやコンビニに行けば、スマホを持っている人は1人以上は見つけられる
と思います。

ですが、新潟の福祉関連に関しては、アナログ媒体が正義で情報の提供をあまりしていないんです。

 つまり、私達が欲しいと思う情報を見つけ出すという工夫と行政や既存の福祉施設だけでは
 対応できない問題が、すでにでているのですが、最前線の就労支援職員は、「ダンマリ」です。

(一応店を構える店舗を駅近くに借りられるかもしれないという処までは行っていますが。
そのことは、レミーさんが利用している施設には内密にしております。

問題となるのは、私がカウンセラーの資格を持って、個人開業することだが・・・。
飲食系のお店じゃないと貸さないというオーナーさんだからなぁ。
学生時代喫茶店やってみたいなぁと

ぼんやり思っていたが、本当にカウンセラーがいる喫茶店をするか?激戦区になるが
新潟県のクリエイター系が集う喫茶店とか?)


すみません、少々またタダ漏れに。

実際問題として、施設側も利用規定をどう変えるか?も迫っているでしょう。

根拠としては、『定年70歳』までにするかどうか?という国の話ですね。
もし、定年を65歳から70歳までにしたとして、作業所職員の年齢も70歳まで雇用するということになります。
ということは、利用者も70歳まで受け入れるとなります。

そこまでの事を、作業所職員がきづいてい・・・ないですね。

■まとめ
 まとめると

・障害者の作業所を利用できるのは65歳まで。
それ以降は自分で貯金崩して、介護施設に入るか、それ系のサービスを受けてくださいね。

・介護保険を払えるだけの、収入が作業所を利用している人には「ない」。
それも自分で工賃を超える収入を作ること。でも、それができない。

・法律の保護対象の範囲をどうするかで、今現在動いている所。

・障害を持った作業所経由の人は介護施設に入ることが難しい。

・利用者の為の利益か法律をまもるかが、問われている。

・政治で、今後の定年の定義次第で、利用規定もかわる?

ざっくりとですが、こんなところですね。

こういった問題を知っている人はごく少数です。
そして、こういった問題を利用者にも話していないという現状もどうにかできないものか?

  1. 2017/03/07(火) 21:01:27|
  2. さとみが問題を斬る
  3. | コメント:0

僕達は、がんばりすぎくらい頑張りすぎてしまう

軽度発達の実情シリーズ。

想うことがあり書いてみました。

「僕達は、がんばりすぎるくらい。がんばりすぎてしまう」

なぜがんばりすぎてしまうのか?

それは、20年くらい「誰かに評価されないと生きていけない。生きる意味がない」と刷り込まれている。
というのもあると思います。

私の例でいいますと。

「誰かから必要されない。モノは、仕事じゃない」「クリエイター系の活動は仕事ではない」
「心理ケアも仕事ではない」「外に出て、みんなと一緒に行動するのが仕事だ」

と上記のようなことを散々言われました。

彼らの台詞は、自分自身の人生にある意味の諦めを織り交ぜて、「自分の人生に意味がある」
と思い込みたくて、言っているのかもしれない。

心理学でいえば、自己防衛をしているんです。
つまり、自分の人生は正しいモノの選択だった。と信じたいんですよ。
自分の傷を観るのが、とてもこわいから。そういった意味では、彼らはかわいそうかもしれない。

発達当事者の日常心理は、例えるなら、トップアスリートのようなもの。
それは、自分の最高を追い求める自助精神が強く。

手を抜いたら、自分自身が何もできない。人の役に立たない。脆弱な存在と攻撃されてしまう。

そういった環境の中で、育ってきたために、自己信頼が弱く。
誰かを頼ることがとても下手で、伝える手段もわからないでいた。

だから、常に、「がんばらないと!がんばらないと!」と自分で自分を褒めるためにやるのではなく。

自分を褒めてくれる外部の評価軸で生きていくということになってしまう。

「外部の評価軸で生きていくことの危うさ」

たとえば、「テストの点数xx点取れたら。~してあげる」

というのも、条件付きの「愛」

だから、誰かから、愛されたりするためには、自分の心を捨て去って、
相手が出した条件をクリアしないと愛されない。

そう思ってしまうことが、何回も続けば。それが常識となってしまう。

無理に誰かと仲良くすることが正しいと思い。それを善と職員が教えているけど。

極端な話。職員は、暴力大好きな人間と仲良くできる?
と質問を投げかけた。彼らの信念が、正しいならできるはずだけど。

返ってきた答えは「できません」

それが、当たり前だけど。そこまでの想像力が職員にはない。

彼らは白か黒。自分が審判者で利用者はそれに従うのが正しい。

良くも悪くも教科書通りで、上層部からの命令に盲目的に従うことで
「考えない人間になっている」

だから、外部評価軸で、他人を観れないようになってしまうと。

自己肯定感は、自分自身で作り。育んでいく。というゲームのマインクラフトのような
ことができなくなる。

自己肯定感と自尊心は、生きる為に必要不可欠と最近わかってきた。
だけど、そうした知識は、発達障害や後天的にハンデを持った人には不要だと。
彼らは信じている。

本当の「愛」は無条件のはずなんだけど。

たとえば、自然の空気を吸ったり。川のせせらぎを聞いたりするのも、無条件の愛。

自然から、「空気吸ったり。川の音を聴くんだったら、金払え!」とはならないでしょう?


そこまでの視点が、彼らは抜け落ちているんです。

自然を含めた大きな視点からみると。そういった愛情が与えられているんだなと気づくことができます。

「自分を愛することが、誰かを愛することにつながる」
 
 自分を大切にすることが、誰かを愛することにもなるということを体感しているはずの
職員は、そのことを言葉にもしない。(逆に言えば、彼らでも妻子をもつことができたという
事例があるので、希望はあるということにもなるが


 鬱病やその他の病気も。何らかのシグナルを出していると思う。

 ――自分自身の気持ちと向き合って! 自分の体の声を聴いて!

というサインだったり。

――進路を決める。考える時間を作ろう!

というものもあるかもしれない。

 一時間ボーとするというライフハックスキルを書いたこともあるけど。
 それがここに繋がっているんだ。

最後までの拝読。ありがとうございました。

  1. 2017/03/04(土) 13:23:13|
  2. 新潟地方の成人発達障害(軽度)の実情
  3. | コメント:0

プロフィール

レミー

Author:レミー
同人サークル ライフハックログラーズ
主に「現代社会に生きづらさ」を抱えている人に、生活の質を挙げる為に戦う。

人生という名の荒野に牙を立てろ! メアドkissxkisskid☆yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
るーちゃんのライフハックビルダーズ (5)
白蓮スミレの発達障害って何? (9)
さとみが問題を斬る (6)
アイラの生存戦略戦術 (11)
リョウさんの心理面の戦い方 (4)
あくちゃまの同人音声制作記 (7)
日記・雑記 (47)
キャラ紹介 (2)
新潟地方の成人発達障害(軽度)の実情 (21)
龍戦記ドラグーンソール (3)
図書館司書吸血鬼シアの読んでる本シリーズ (8)
お知らせ (9)
うつ病になると困ること (4)
創作系の本 (5)
小説集 (5)
あくちゃまの福祉社会学 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR