同人サークルライフハックログラーズ

生きづらさを抱える人の生活工夫の知恵とツール紹介

ライフハックログラーズ ライフハックビルダーズ 宣伝文

   ライフハックログラーズ ライフハックビルダーズ

      ー生きづらく、 明日という夜明けが見えない…ー

       だけど、「生きたいとあなたは思っている」


      人生という名の荒野に 私達は駆けてゆく。


      私から、あなただけの、ライフハックスキルを!



白蓮スミレが、リスナーさんに送る。ライフハックビルダーズを音声作品で配信する。


作品のコンセプトは、どこでも音声を聞けて、低価格でライフハックスキルアイテムを制作。
作中で作った。ライフハックスキルをPDFで写真付きで解説!

ライフハックログラーズのキャラが教える。ライフハックスキル。

白蓮スミレ
「人生という荒野に、あなたの意志を刻みなさい」

ルティア
「人生という。光は、あなたはつかめる」

リョウさん
「人生という。道は、遠回り、近道、回り道、寄り道で、君自身を作り上げるネ」

アイラ
「理不尽な運命を、私達は・・…抗って、捻じ伏せるんだからぁ―――!」

さとみ
「あなたが手にするのは、「切り拓くための刃」だから、惜しみなく。私達は力になりましょう」

あくちゃま
「さて、我らが生き抜き。そして、笑いあえる新たな時代を作るために、我らが立ち上がろうぞ?
人の生とかけて、人生。なら、超えてゆこうではないか。「過程を楽しみ、高みという夢を」
そして、我らは、世界への挑戦者じゃからな。そう。新たな挑戦者じゃ」

スポンサーサイト
  1. 2016/07/30(土) 08:40:56|
  2. あくちゃまの同人音声制作記
  3. | コメント:0

今回のは、絵師さんのキャラメイクの過程。現在進行形じゃ

さて。久しいのう? 中の人は色々と忙しくはある。というよりも、本気でどうにかできる人がオフではいないという現実感。

今回のは、絵師さんの許可を得て、解説文もあるぞ? 個人的に他の絵師クラスタにも学んでほしいのと。
個人的に勉強になるので共有したいとおもってのことだ。

なお、今回のは、無断転載は禁止じゃ。著作権のからみもあるからのう。
また、クリエイターの月額支援サイトエンティで我らのページを支援してくれるとありがたい。支援金は制作費用及び、絵師さん、声優さんの代金にあてるからな。




これが、そのPDFだ。なお、これは、エンティでも同じものを公開しておくから、支援もあるとありがたい。

あとで、さらに詳細な依頼文章も公開する予定だから、それは支援者向けか400~のコースで公開する予定だから、
作者の創作にダイレクトに影響するから、応援してもらえるとありがたいぞ?

https://www.dropbox.com/s/zcxk9gedik3sgy7/%E7%99%BD%E8%93%AE%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%83%AC%E3%81%95%E3%82%93%E3%80%80%E5%9B%9B%E6%9C%88%E3%81%8B%E3%82%89%E4%BB%8A%E7%8F%BE%E5%9C%A8%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81%AE%E9%80%B2%E8%A1%8C%E7%8A%B6%E6%B3%81.pdf?dl=0
  1. 2016/07/16(土) 20:47:30|
  2. あくちゃまの同人音声制作記
  3. | コメント:0

レミーさん 逃げる決意。。主に男の後ろの貞操の危機で

 簡易レポ書いたので、リンク貼っとくよ。。。
https://www.dropbox.com/s/c5qw8ufbgo11vun/%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E3%81%AE%E6%80%A7%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%93%E3%81%86.txt?dl=0
 というよりも、これ今日だけで二度も観たから、逃げる決意はカタマッタヨ・・・・
これ、ツイキャスでナガシテイイワダイジャナイヨ・・・・・・・

  1. 2016/07/14(木) 18:53:13|
  2. 日記・雑記
  3. | コメント:0

リョウサンの尿経路感染症の治療法

あい。バトン交代したね。

尿経路感染症の症状はこれね。
http://www.minamitohoku.or.jp/up/news/konnichiwa/200602/nyouro.htm

わかりやすいのはこちらかな?

http://allabout.co.jp/gm/gc/387402/

軽度、重度とあるけども。子供やお年寄り。女性の方がなりやすいと一般的に言われているね。
基本的な治療法は、「水分を取って、菌を外に出す」というものね。

知っている人は知っているかもしれないけども、おしっこが出ない場合は強引に陰部にカテーテルを突っ込んで
外に出すという最後の手段があるね。
ちなみに、アルコール中毒の男性のちんxに、カテーテルを突っ込んで体外にアルコールを抜くという医療漫画もあるから、
それがどれだけ生々しいか。というよりも男のあそこにカテーテルを突っ込むのはドM以外の人にとっては金玉が冷えるね。
おいちゃんも話していて、ひゅん。としたね。

実際、この病気を何回もかかると腎臓に負荷がかかって大変なことになるのは目に見えているね。
しかし、医療知識は少し齧っている職員(介護福祉系な為)が気にしすぎというのは、どうかと思うね。

ちなみに、施設内で感染者が出た場合は、インフルでは報告の義務があるらしいけども。
尿経路感染症となると衛生法に関して引っかかるかどうかがわからんね。

実際、筆者は37℃台の微熱を三週間も繰り返した上に、背中の痛み。首と胴体以外の両手足にしびれに近い痛みが三週間も続いたね。風邪なのか、熱中症なのかの判断が付かないくらい。すんごくギリギリな所だったね。

なお、経口飲料水及び医療費などは自腹で、診断書も持って提出して。
筆者と保護者を交えた面談時に、筆者の保護者に、感染症の事を話すように促しても
「診断書も見せない上に説明もしない」というおまぬけな事態になっている。

この状態を鑑みて、「どう信用しろと?」そして、怒りに燃えない筆者ではないね。

こうした事態をやって、こっそりと監査が入るレベルかもと下の職員に耳打ちして、猶予時間として七日間様子見たけども。
「改善定着は無理だったね」なら、福祉課に直訴するしかないね。
幸い、顔だけは互いに面通しだけはしておいてあるから、もう、実習が云々。就労復帰の問題レベルじゃないね。

一応、健康診断をした病院の心理士には、尿経路の診断も知っているから話を通しておくね。

さて、ドウスルカネー・…。これほど怒りに燃えてきたのは久しぶりね。
死が誉れの世界観をどうぶち壊すか。
  1. 2016/07/08(金) 22:04:36|
  2. 日記・雑記
  3. | コメント:0

尿経路感染症 啓発をどうするか?

こんばんわ。さとみです。今回は怒りのあまりに、私が施設の現状を伝えます。

「食品を扱うのに、尿経路感染症はなぜ起きたのか?」

 作業所の製品によっては、受託班。納豆などの食品販売。ハンドメイドの製品販売とあります。
レミーさんの通っている所は受託班と納豆製造販売の二つですね。

ご存知かもしれませんが、食品製造となると衛生面も気を付けているのが当然の反応です。

では、なぜ、そのような環境にあるにもかかわらず。「尿経路感染症」が起きたのでしょうか?

その理由としては、トイレの内履きを履かない。そして、男性利用者の陰部つまり(xxx)ですね。
放尿の際には、当然利き手で陰部を触れて、尿を出すのが男性の方に多いと思われます。
ですが、その陰部に触れた手をノー手洗いでトイレのドアに触れて、外に出てしまう利用者が多々います。
実際、陰部には、雑菌がいますし。風呂などにも入っていない場合ですと、匂いなどでわかります。
そのため、雑菌が付いた手で不特定多数の利用者及び職員が触れるトイレのドアノブに菌が付いたら、感染しますね。

また、利用者の中には、トイレの内履きを履かずに、施設内のシューズを履いたまま排便したり、放尿したりと。衛生面に気を付けるどころか、食堂にまでそのままシューズを履いたまま徘徊するため、飛び散った放尿を踏んで、菌をばら撒くというのは容易に想像ができます。
ちなみに、そうしたことに事態を職員は知っていますが、知的傾向の利用者メインの作業所の為。そうした人に対しての衛生管理指導が定着していない現状です。

三年前の連絡ノートにノー手洗いをどうにかしてほしいとレミーさんは職員に頼みましたが、

「全員に定着するのは難しいです」との返答ですね。

当然、納豆製造する利用者が進んで、内履きを履かずにトイレで用を足し。「この施設の自分がリーダーだー」としているので、
その人を動かして、「衛生面のPV」にしてはと提言もしましたが、「ビデオを使ってまでわざわざしなくても…」「それよりも、そういうことを気にしないで、就労の方に集中を」

という発言もあり、正直言って、レミーさんの就労以前の問題の前に「健康面でつぶされてしまいます」

さらにいえば、危機管理意識も足りないのが多いですね。脱水症状起こしている他の利用者に対しての指示は
「水を飲んできて」ではなく、「作業の手を休ませないでください!」という。
移動してきて、三年目の職員がその台詞をいうというのは、
それだけ、危機管理意識が徹底していないということの証左ね。


また、室内の湿度及び室内温度を計測してみて、

「エアコン27度設定。湿度60%~80% 室内温度 29~30℃」
三週間計測して、昼休憩時にエアコンが停止されるから、再度室内が涼しくなるには、午後の作業開始が13時だから、
強調文作業終了時16時となる。そのため、小休憩の10分休みに水分補給及びトイレをするのが基本という徹底さ。
なお、念のために利用者には「各自の判断で水分補給とトイレに行くときは職員に申告する」とされているけども。
それをできる人は限られている。

さらにいえば、知的水準が高い利用者は反省会の時に

「なるべく、水分補給とトイレに行く回数を減らします」
ということで、拍手されたという事例から鑑みるに。

「おい、一度閉鎖する危機まで追い込まれないと、どれだけ危険なのかわからないのか?」
と別の意味で頭を抱えるわ。。


なお、拍手した職員は衛生管理方面の職員である。
それと、専門学校生とかの実習者が来ている時に尿経路感染症の事を暴露して、慌てて「体調管理に気を付けましょう」
と強引に話をまとめたわね。

さて、次の記事は尿経路感染症の治療法よ。なお、男性にはきついかもしれないわ

後編 :http://lifehacklogs.blog.fc2.com/blog-entry-6.html
  1. 2016/07/08(金) 21:43:08|
  2. さとみが問題を斬る
  3. | コメント:0

ここで、ライフハックログラーズに出ているキャラを紹介するぞ

白蓮スミレ:とある地方で、カフェを運営しているカウンセラー 

身長170cm b98 w 76 h82

 腰まである紫色のストレートロングヘア。イルカのアクセサリーを着けている。
 太陽のような明るく芯がある性格と母性を感じさせるボディ。お世話好きな女性。

「ここを見ているみんな。今日1日お疲れさま。好きな飲み物もオーダーしていいからね?」


あくちゃま(悪路王):某クラスタの陰謀により。
      
 威厳あるはずの鬼のはずが「口xババア」にされた。

 我という一人称。野望は臣下を増やし。臣下の住みやすい国を作ること。

「我は、あくちゃまよ。ほれ、粗茶を出してやるから、そこに座るとよい。
茶請けはなにがいいかのう?」 

リョウ:中華服の禿げ親父。「健全なエロは、健全な精神を宿す!」「エロが世界平和になるね」と「~ね」という怪しげな中国語を使う。

 なお、武術の達人で、隙あらば脳内Lecでかわいい子を激写する。そしてそれをイラスト化する。
 宿命なのか、何かの技法を伝授するたびに娘にエロエロコレクションが破壊されるというオチが待つ。

「さりげなく、おいちゃんの扱いひどくないかね? そんなにおいちゃんはエロ魔人かね?」

アイラ:元気いっぱいの小学の最高学年! そして、あだ名は「遅刻と忘れもんの女王様」特撮ヒーロー、ロボ、ヒロインが好きだぞ!

 「ふっふっ! わたしにかかれば! どんな問題じゃない! そう。ノーマンタイ!(*モーマンタイといいたい)」

   いわゆるアホの子です。
 
  「アホの子いうなー?!」

さとみ:ポニーテールをなびかせた女剣士。実直な性格で、一刀にすべてをかける。167㎝ 以下不明
   
  「ふむ? よろしくお願いいたします」

ルティア:みんな大好きるーちゃん。あざとい女の子。色々とお兄様、お姉さま方に色に染められてしまう。
     フリーダムで、銀河の彼方からやってきた黒い皇帝竜。なお、人間形態で下ははいて(検閲されました)

     「皆さま、よろしくお願いいたします。なお、コスプレのバリエーションや耳かきかきもご希望があればお答えします」
  1. 2016/07/05(火) 00:37:08|
  2. キャラ紹介
  3. | コメント:0

あくちゃまの同人音声制作記

知っているものは既にしっておるな? 作者の陰謀とさぶかるちゃーの影響でロリババアにされた

悪路王こと、あくちゃまじゃ。




うむ。皆のモノ。よく眠れたかのう?
今日から随時、我の野望である日本征服をえんてぃ?とやらで報告していく。
なお、我は、パソコンとやらが、初めて故に至らぬところがあるが許してくれぬか?

こんぴゅーたーおばあちゃんならぬ、あくちゃまだからのう。


本題に入るが、ボイスドラマ制作を思い至ったのは、4月じゃ。

無論、レミーにはそうした経験は全くなく。
閉鎖された空間故に、そうした人と交流は現実世界では皆無。

何故ならば、「二十歳になったら、そうした児戯じみた夢想を捨てよ」

と暗黙のルールとなっているのじゃ。



当然、成人した多くは表面的には納得しているように思えるが、

「心の目は死んだ魚のようになっておる」

自分自身に無理やり暗示をかけているようなものだからのう。

そうしないと心を護れぬというのもわかるが…。
そうした現状を踏まえて、我は日本征服を企てておる。

臣下の心まで守れなくて何が支配者たるものを目指すかじゃ。
(扇子を折りたたみ、パンと左掌を軽くたたく)




では、制作は順調かと言えば、地獄に入っておるな。



何故ならば、今まで自分を楽しませるという目的で書いていたが、初の同人音声。つまりより多くの臣下の元に
届けさせるというのに、販売価格および設備費用、声優さんの選定。絵師さん探し。

 このように協力者を求めることと彼らに対しての報酬+上乗せ(今現在はそうした気持ちとそういうことができたい!と
思って居るが、就活の費用も考えると大変すぎるのう…。彼らの技術研鑽は一日でできたというわけではない。
今現在に至るまでの時間と心の力を育まれていないとできない。境地じゃ。我はそうした意味においても正当な評価を出したい。
何故ならば、我は否定されてきた年月が長すぎた故に、心の痛みになれすぎていたからじゃ)

ちなみに、こうした活動は昼間は就労実績の足場及び体力づくりをやり、自由時間と睡眠時間を少し削ってやっておる。
このような現状でハードワークになっているのは、現実世界において、サービス接客業及びマルチタスクを求めすぎている背景と。
仕事がないゆえに、電脳世界からアプローチをかけぬと。

「いかん。我を全力で殺しにくるルナティックモードじゃ」

となっておるからのう。なお、そうした危機感を抱いているのは我だけである汗

しかも訓練施設と謳っていながら、向こうが示した。穴掘って穴を埋める。童子がガンバリマシタデショウで仕事に結びつくか?
という訓練内容ゆえに、レミーが問題喚起するのもわかる。その辺は400円で読めるもの故、気になるなら買うてくれ。。。
そうした費用もこのボイスドラマ音声作品に注力できるからのう。

――――あくちゃま、切実な内情である―――


こほん。だが、我が生まれたから故に、日本を征服を企てて、臣下達が笑いあい、

夢を語り、童子である我が子に大人になることの良い見本
になるようにするのが、我の願いであり宿願じゃ。(バッと。扇子を広げて口元を隠す)
臣下が増えれば、それだけ我の力なる。何故なら、臣下の心まで護るのが王たるものの証と我は考えておるからのう。

そうじゃ、我を描いてくれたまほ殿のページを紹介しておこう。そして今師事している師のまほ―工房さんのページもな。



まほ殿:https://enty.jp/himeka 

クリエイターだけでなく、その他の視点からも学ぶものが多いゾ

ミンミ殿:https://enty.jp/minmi 



 音声作品の悪戦苦闘を描いてくれておるから、我としても学ぶことが多いのも事実。

まほ―工房:https://enty.jp/mahou 知っている臣下は既知かもしれぬが、何度読んでも聴いても、色々と学べることが多い。

他にも応援したい人が多いのだが…我の財政大火事沼故にできなくてな。すまぬすまぬな;;

次回の予定は未定じゃ。





  1. 2016/07/04(月) 19:03:32|
  2. あくちゃまの同人音声制作記
  3. | コメント:0

公式ブログ 発足

初めまして、レミーです。

ライフハックログラーズのブログへようこそ!

デジタル作品にて、「白蓮スミレのライフスキルズ(仮名)」を制作中です。
また、クリエイター向け クラウドファンディングエンティにて、「文章系」ですが活動しております。

始めたばかりのブログなので、つたない所は多いですがよろしくお願いいたします。
  1. 2016/07/03(日) 12:27:37|
  2. 日記・雑記
  3. | コメント:0

プロフィール

レミー

Author:レミー
同人サークル ライフハックログラーズ
主に「現代社会に生きづらさ」を抱えている人に、生活の質を挙げる為に戦う。

人生という名の荒野に牙を立てろ! メアドkissxkisskid☆yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
るーちゃんのライフハックビルダーズ (5)
白蓮スミレの発達障害って何? (9)
さとみが問題を斬る (6)
アイラの生存戦略戦術 (11)
リョウさんの心理面の戦い方 (3)
あくちゃまの同人音声制作記 (7)
日記・雑記 (41)
キャラ紹介 (2)
新潟地方の成人発達障害(軽度)の実情 (19)
龍戦記ドラグーンソール (3)
図書館司書吸血鬼シアの読んでる本シリーズ (8)
お知らせ (9)
うつ病になると困ること (4)
創作系の本 (5)
小説集 (5)
あくちゃまの福祉社会学 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR