同人サークルライフハックログラーズ

生きづらさを抱える人の生活工夫の知恵とツール紹介

鬱病と発達障害とトラウマと

発達障害とうつ病については、多くの書籍でも述べられていますが。

エンティの記事でもあげたモノを再度。こちらに乗せます。

「鬱病には三つの種類がある」

これは、知っている人もいますが。復讐も兼ねて、再度説明します。

1:働き過ぎから来る鬱病
2:環境的な要因(対人関係や職場の雰囲気)
3:遺伝的な要因(発達障害系はこちら)

一般的な鬱病の多くは、「1」が多く。 うつ病=1というイメージが多い。
ただ、なるケースとしては、1・2の複合が多くあったりとします。

それをケア・予防するという概念が2000年~09年代はまだ確立していなかった。
一部の芸能人には、診断されたというのはテレビでも伝えられていますが、
完治する方法が伝えられていますが。

正しくは、「寛解」という専門用語。これは、喘息にも使われている言葉で、
症状を私生活や労働に支障が出ない範囲までコントロールする。
ということです。

うつ病関連のセルフコントロールは、自律訓練法を利用した呼吸法を学ぶのが
臨床心理系では、一般の人でもできるので教えている場合もあります。


ですが、そうした知識を知っている当事者研究や心理情報を

軽視しているのが就労支援職員に多くいます。

なぜなら、彼らは、上記のルートからうつ病になるということを一切知りません。

そして、治す。制御する方法を一度聞いてみましたら、

「処方されている薬を一度に全部飲んで、副反応を起こして、来ればいいじゃないですか?
そうすれば、治りますよ」


衛生管理の資格持ちの職員がこう発言する時点で、新潟県の福祉系のレベルがどれだけのものか。
また、精神ケアやストレスコーピングといったモノを医療機関と連携している組織が
そうしたことをできない。ということですね。

もしも、この指導方法を鵜呑みにして、やってしまった場合。
「OD(薬の過剰摂取)」つまり、薬をたくさん飲む方法を私に知識提供をしたということになります。

(*鬱病治療者は自力で、調べられる人は、死ぬ方法も一応調べております。
また、そうした知識があるということは、職員の指導が間違いであることにも気づくという
なんとも言えない皮肉さ)

また、トラウマに関しての知識もなく。
何気ない日常生活の動作から、想起して再体験するということも知りません。

たとえば、今は、花粉症の時期ですから、皆さん鼻をティシュでかみますよね?

そのティシュの出す動作の音から、トラウマを再体験するというケースもあるにはあります。

私の場合ですと。

就労支援施設のプログラム内容と雰囲気が
過去に殺意を抱いた小中学校の生活と相手を思い出しますね。
そのための治療法もセルフセッションでやっていますが。

すこし、大げさに聞こえるかもしれませんが。

恐らく、「自分が死ぬかもしれない」という体験を就労支援施設の職員は、
小学時代に経験したことがないのでしょう。

そして、小学時代に自分の親友が死んだという経験もたぶんないでしょう。

私は両方体験しました。
そして、それなりに、職員の心理揺れ幅や何に対して怒り。
怯えているかも、わかります。

ですが、職員はそこまでのことはわからない。

彼らからすれば、そこまでの感受性や観察力がなくても生きていけるということ。

そして、そのことを観察して、今現在個人研究中ですが。
発達当事者の感受性を制御する方法を確立させれば。
「鬱病やストレスをケアして、生きることができる」
ということになる。

そこまでのことを私は独学でやっていますが。
それを確実にするには、心理学系の研究に潜り込んで共有する。
そして、情報を配信するということが必要となる。

(メンタルケア心理士かカウンセラーの資格を取るとして30万くらいかかるというorz
就労支援の月工賃 4000円だけやるとしたら10年以上かかるぞ!?)

また新潟県の場合は、「どんな困難も。一途に、我慢さえすれば解決する」という魔法を信仰しているため
カウンセリングの重要性がわからない

その反面。精神病の受診件数が増えています。

ちょっと、私を実験台にして、アートセラピーを体験して来ようと思います。
( ゚Д゚)・・・受付まだ、あるかな?

次回も、アグレッシブに「ウツ」っていきます!

(うつと行動を移すをかけています)

スポンサーサイト
  1. 2017/03/14(火) 18:13:08|
  2. うつ病になると困ること
  3. | コメント:0

書類申請及び更新が大変。

さて、時期が時期なので。
「確定申告やら自立支援」などの書類申請と被る時期が多い

■自立支援って何?

自立医療助成費。

鬱病や精神系の病気になった人が自己負担額を3割から1割にする制度だ。
申請に関しては、各自治体によって、異なったりする場合があるので、
福祉課に聞くといいだろう。
それか、受診先の精神科か心療内科に聞くともっといいかも。

何故、この制度がいるかというと。

「薬代。診察代。カウンセリングを含めると月2万近く医療代消費します」
つまり、乱暴に結論を言うと。
うつ病関係の病気受診だけで「万単位」の負担が利用者にドカッと乗ります。

(この医療費助成制度によって、助かっている人が多いのが現実です。
仮に、3割負担で2万消費で10か月となると。。
計算するだけでも、金額が怖いですね(;'∀') 
1割負担でも。薬の量や治療期間が長いと、それだけかかる費用も
多くなります。
また、受診の際には、電話予約するところが多いので、携帯電話を持つのと維持する必要がある為。
それを含めて考えると、経済的な弱者に置かれやすいという現実問題。
そして、
20代以降全般でも、社会復帰しやすい仕組。ソーシャルデザインが必要になると思われます


この自立支援は、年一回更新で、書類申請を当事者または世帯主がやるんだ。
独身者なら、その本人が全部やる。
忘れがちになるのが、

「2年に1回は、精神の先生の診断書もいる為。更新時に診察代(5000円前後?)がいる」
なので、
診断書も必要な時も常に確認をすること。

■書類は全部でどれくらい書くの? 

書類は、3枚。ただ、マイナンバーの関連もあって、「書類への記入」と「持っていくこと」も必要なんだ。
 つまり、下手すると。個人情報漏えい所の話ではなくなるので、非常に厄介なんだ。

(*なぜ厄介なのかというと。

マイナンバーの番号を正当な理由なくして、犯罪行為に使用した事件もある。
ストーカー系のニュースだったと思う。)

マイナンバーの関係は、不安な場合は、市役所に問い合わせてから、持って行くといいと思う。
被害を減らすことが大事だ。

また、障害者手帳の更新時期と被ると最大8枚くらいの手書き記帳をしないとならない。

(障害者年金受給者だと。
さらにどん。倍率でドン!で10枚くらい手書きでやることになる。
描き損した場合。再度市役所に、行くことになるので、書くときは体力とスケジュールに余裕を持たせてやるのが大事


■申請が通るまでの時間はどれくらい?
今回も直接聴いてきたのだが、「4-5か月待ち」となる。
というのも。

「1つ年を重ねるごとに利用者が増えているので、半年近く待つことになる」

私も申請した後に半年近く待ちました(;・∀・) 「実話です」

(2009年前後の時点で)最短で2か月くらいだった。
けど、日本も含めて先進国の多くがうつ病が、イヤナアタリマエ(?)になっている。

■申請時に思ったけど、もっと楽にできるんじゃ??
 申請した後に思ったけど、書類の作成は、楽にできると思う。

けど、それができないのは、

市役所の職員及び、私生活に関係するサービスしやすさを求めるインフラが、
「高度な専門技術」に対しての概念を理解できることが重要になってくると思う。

例えば、音楽1つ弾くのに、バランスと計算がいるというのを知っているかどうかで
「見え方」も異なるんだ。
聴いて楽しむだけでなく、創る側の悩みや工夫を知るという楽しみ。

・・・すまない。他にいい例が思いつかなかった。


まとめに入ろう。

■自立支援のまとめ
・年一回の更新手続きがいる。(書類記入手書きなので、多いと6枚も書くことになるorz 履歴書文化いやだ)
・更新時には、マイナンバーもいるので、市役所に確認するのも大事。
・申請待ちに、3-5か月くらい待つので、早めに出そう! 出し忘れたら、3割負担になるので注意!

とはいえ、本当なら「鬱病にならない社会雰囲気」と「なっても、復帰できる社会雰囲気」
が全国にあればいいと思うのである。
  1. 2017/02/08(水) 21:08:32|
  2. うつ病になると困ること
  3. | コメント:0

鬱病と言っても理解されない。「全て、親・兄弟から言われました」

鬱病になって困ることは。

「身内含めて理解されない」のが多い。
これは発達障害に関しても同じことで、成人してから自分で医療機関にかかることが多い。

なぜなら、テレビや新聞で「発達障害ーとは」「鬱病とは―」と言っても信じない。

それに、自立支援医療費助成(1割負担)や障害者手帳を取得しようものなら。

「お前は障害者になりたいのか?!」
「障害者になって、最後は精神病棟に強制入院されて、拘束されてー!」


とギャンギャン喚き。挙句の果てに薬を断薬すればいいとかも。
一応言っておくけど、いきなり薬をやめるのは、危険だからね?

実際、上記の自立支援医療費助成制度や障害者手帳を取得するのに、まとめて5年はかかった。
申請自体は半年くらいで済むけど。
一番の山場は、

「成人しても親と同居している場合。その世帯主の許可がないと申請できない」

という親世代の偏見や現実の見ていなさ。

そして、鬱病の人に、趣味は不要! というおかしな価値観を持っているんだ。

これが、当事者の困り事だよ。本当に。
  1. 2016/11/23(水) 09:14:17|
  2. うつ病になると困ること
  3. | コメント:0

うつ病になると困ること

「うつ病になると困ること」

 徒然なるままに書いてみます。
発達障害の二次障害のうつ病は、日々のストレスのケアと過去に受けた傷のケアの二つをしないとならない。
何故なら、現在進行形で「人格否定」「存在否定」「発達障害の存在否定」
「心が強くなれば治る! 辛いのはお前だけじゃない!」
という攻撃を言語・非言語(態度・顔色・空気)で発信しています。

なので、非常に厄介です。
そのため、うつ病の薬・カウンセリング
・休養・無理のない趣味と運動・プチ瞑想
セルフカウンセリング・ストレス対処法などなど。

個人で身に着けないといけないというおかしなものになっております。
(これを全部やっている時点で以上な20代の時代だった)

「うつ病は、医療費・薬代がかかる」
 診察と薬代を含めると月1万5千円かかります。
免疫機能も、うつ病になる前よりがくんと下がり。パソコンで言えばウイルス対策ソフトを導入していないパソコンで
インターネットにつなぐという「ノーガード戦法」になります。

なので、風邪ひきやすく。
風邪ひいてから、早くて1週間。遅くて3週間くらいかかって治る人もいます。

こればかりは個人差と年齢によりますので、精神論でどうにかできないんです。
「風邪すらも精神論でどうにかなる」という人もいますので。

風邪から喘息。または気管支炎になることもあります。
そのため、私の医療費代が一万越えが日常化しております・・・。

■:そうしたケアが、医療機関以外でもできる人はいるの?
 答えを言ってしまえば、民間療法しかありません。
なので、「精神論」も民間療法なので、「治る」と思い込んでいる人が多い。
そこまで自信満々なので、ぜひ。論文にまとめてネットの海に流してほしいと私からお願いしたのですが。
「残念ながら、ここはそういう施設ではないので―」という。

就労支援施設で、精神論大好きで、うつ病とかの薬のの飲み方や利用者の薬の管理もしている。
そうした助言指導ができます! 私達の仕事ですっていっているのに。

■脱線したので戻そう
 風邪などの火照り感や微熱。そうしたものを抑えるのは当事者しかなく。
私の家庭では「冷凍庫に私のアイシングマスクは、邪魔だから自分の部屋に持っていけ!」
という家庭なので、冷えピタを常温で自室に置かないといけないという悪循環。
さらにいえば、体温計を常備携帯。そこまでしないと「周囲の人間が、私が具合が悪い」ということをわからない。

注意:就労支援施設の多くは、看護師・介護福祉士・社会福祉士という。構成が多く。介護福祉士の割合が多い。
なので、デイサービスや介護利用施設の勤務経験がある人が多い。なのだが、「観察力という注意力は一般社会には不要」
というサービス管理責任者の発言から考えても、それだけ障害者雇用促進の意識レベルが低い(市内では高い方の部類だが、
他の施設に移動しても同じようなモノと推測される)
医療介護のグループ系列なのだが、就労支援の職員の感知レベルがここまでなのは、賃金体系が根底にあるのと
職員のストレスケアをするシステムが組まれていないのも一因だと思う。

ここまで、当事者が頑張らないと就労支援職員もわからないという環境自体異常だと思う。

■うつ病の人は環境の変化はしないほうがいい?
 一般的に言えば、最終的に行きつく先は死んでしまえば。すべて楽になるという処に行き着く可能性があるからだ。
だが、私のような状態だと、環境の変化は必要と思われる。
軽度の発達当事者の周囲の環境を変えるために、就労して引っ越す。もしくは副業をする。
というモノが必要なのだ。

そのために、就労支援施設を利用したが…・結果は言わずもがな。
「就労以前の前に私の健康面の方で潰れてしまうだろ?!」というもの。

副業については、うつ病とかの人のを色々と調べてみると。
ひと月での「最初の目標額が3000円-5000円」とあり。

WordExcelが使えるならネット経由でのデータ入力が一番いいらしい。
なので、やり取りする際はWordExcelが使えるソフトがいいのかもしれない。
新潟県で、社会不安・人間不信に陥った人がネットを活用して金銭を稼ごうという
事例があるので、うつ病や発達系の人はそこからやるのが一番リスクが低い。
から大丈夫な可能性?

■やる時は、マイクロソフトの公式ソフトがいいという。が・・・オープンofficeは対応できるのか?
オープンofficeの存在やキリングは知っている人は知っているが。
国内や市内を見ると「マイクロソフトのWordExcel20xxのが正しい!」という人が多い。

駅の電工掲示板のウィンドウ観ても「ウイルス対策ソフトを更新してください」という画面もでているんだよ!
私の地元! 配信ネタに(やめい)

障害者用の副業サイトに関しては、1つだけ見つけてあるので後日貼ろう。

  1. 2016/10/20(木) 16:27:02|
  2. うつ病になると困ること
  3. | コメント:0

プロフィール

レミー

Author:レミー
同人サークル ライフハックログラーズ
主に「現代社会に生きづらさ」を抱えている人に、生活の質を挙げる為に戦う。

人生という名の荒野に牙を立てろ! メアドkissxkisskid☆yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
るーちゃんのライフハックビルダーズ (5)
白蓮スミレの発達障害って何? (9)
さとみが問題を斬る (6)
アイラの生存戦略戦術 (11)
リョウさんの心理面の戦い方 (4)
あくちゃまの同人音声制作記 (7)
日記・雑記 (45)
キャラ紹介 (2)
新潟地方の成人発達障害(軽度)の実情 (20)
龍戦記ドラグーンソール (3)
図書館司書吸血鬼シアの読んでる本シリーズ (8)
お知らせ (9)
うつ病になると困ること (4)
創作系の本 (5)
小説集 (5)
あくちゃまの福祉社会学 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR